年賀状の戦中戦後史(仮)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

年賀状の戦後史 (角川oneテーマ21)
内藤陽介

781円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 年賀状の戦後史 778円
紙書籍版 年賀状の戦後史 781円

商品基本情報

商品説明

日本人と年賀状が歩んだ激動の歴史から、日本の「今」が見えてくる。
戦時下の安否を問う年賀状から、戦後の「干支」廃止論争、急拡大する郵政労使闘争、そして平成のプリントゴッコ時代へ。われわれ日本人は「年賀状」に何を託してきたのか?気鋭の郵便学者が問う、新しい戦中戦後史!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
終戦から平成へー日本人は“年賀状”に何を託してきたのか。年賀状と日本人をめぐるまったく新しい戦後史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 焼け跡から、尋ね人への“謹賀新年”-終戦直後/第2章 「日本の正月」をいかにデザインするか?-GHQ占領期/第3章 カラー切手登場、賞品はテレビー朝鮮戦争特需後/第4章 郵政労使闘争に巻き込まれる年賀状ー五十五年体制の幕開け/第5章 我が町から“大臣切手”で地域振興をー東京オリンピック前後/第6章 干支は一巡し、郵便番号導入ー高度経済成長末期/第7章 「インフレ」「年末闘争」という受難ーオイルショック期/第8章 プリントゴッコ人気と天皇病臥の自粛の中でー昭和の終わり/終章 “戦後”の終わり、そして平成へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
内藤陽介(ナイトウヨウスケ)
1967年、東京生まれ。郵便学者。東京大学文学部卒業後、切手の博物館副館長などを経て、郵便学(郵便資料を用いて国家と社会、時代や地域のあり方を読み解く研究)分野での著作・講演活動をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年12月15日

    専門的ではなく、分かりやすく、年賀状にも深いものがあると感じました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

781円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
      知ってはいけない2 日本の主権はこうし…

      矢部 宏治

      950円(税込)

    2. 2
      払ってはいけない
      払ってはいけない

      荻原 博子

      820円(税込)

    3. 3
      女の不作法
      女の不作法

      内館牧子

      864円(税込)

    4. 4
      浅田真央は何と戦ってきたのか
      浅田真央は何と戦ってきたのか

      真嶋夏歩

      972円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】「さみしさ」の研究
      【入荷予約】「さみしさ」の研究

      ビート たけし

      820円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ