お買い物マラソン開催中! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > その他
社会システム理論不透明な社会を捉える知の技法(リアリティ・プラス)[井庭崇]
  • Googleプレビュー

社会システム理論 不透明な社会を捉える知の技法 (リアリティ・プラス)
井庭崇

2,640(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (全集・双書)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
社会システム理論によって、現代社会のリアリティはどのように捉えることができるのだろうか?その知見を踏まえ、どのような未来をつくることができるのだろうか?本書は、そのような問いに対する答えを探求する思索の書である。気鋭の社会学者が、当代きっての論客を迎え、徹底討論。読者のリアリティに新たな知をプラスする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 社会をシステムとして捉えるー社会システム理論入門(物事を捉えるフレームワークの進化/ルーマンの社会システム理論の全体像 ほか)/第1章 社会を変える知と方法(実は二人とも映画監督になりたかった/ルーマンの社会システム理論の魅力 ほか)/第2章 新しい時代のリアリティ(新しい学部と新しい方法/原発からコカコーラまでー現場志向の社会学 ほか)/第3章 情報社会のゆくえ(「戦前生まれ」の社会学者の歩み/独自の社会システム理論構築への道 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井庭崇(イバタカシ)
慶應義塾大学総合政策学部准教授。1974年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、同大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。日本学術振興会特別研究員(DC1)、千葉商科大学政策情報学部専任教員(助手)、慶應義塾大学総合政策学部専任講師、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院Center for Collective Intelligence客員研究員等を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(13件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ