本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
古事記のコード
  • Googleプレビュー

古事記のコード 太陽のラインと隠された古代地図
池田潤(建築家)

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2011年12月
  • 著者/編集:   池田潤(建築家)
  • 出版社:   戎光祥出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  267p
  • ISBNコード:  9784864030519

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高千穂宮、オノゴロジマはどこなのか。イザナギとイザナミが廻った柱は、何故「逆」だったのか。なぜ「大八島」と「六島」が産まれたのか。神武天皇の不可解な「迂回ルート」は何を示すのか。そしてー富士山は何故消されたのか。『古事記』に記された地はすべてが綿密な計算の元に存在する。一級建築士の精密な研究が導き出す古代の鮮やかなる日本地図。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 伊勢の常浪(伊勢の風景/天孫降臨神話ー「日に向かう」夏至日の出ー冬至日没ライン ほか)/第2章 六合の中心(東への旅立ち/大山積神ー神武の重要な経由地 ほか)/第3章 国生みの風景(廻る神々/大八島の国生み ほか)/第4章 出雲の暗号(スサノオの道行きと聖軸ー八岐大蛇伝説/国引き神話 ほか)/第5章 富士山の幻像(天の浮橋と淤能碁呂島ーオノゴロジマの謎/天武天皇の天降り ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池田潤(イケダジュン)
1957年京都府生まれ。名古屋大学工学部建築学科卒業。建設会社、毛綱毅曠建築事務所を経て、現在、有限会社池田潤建築設計工房主宰。建築家、一級建築士。著書に『朝日の直刺す国、夕日の日照る国ー古代の謎・北緯35度21分の聖線』(第三回古代ロマン文学大賞優秀賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 古事記の視点が変わったな
    hunocchi
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年07月05日

    冷静に考えれば、古代における天文は、細かな観測が不可能であるが故に、太陽の正中、春分・秋分と夏至・冬至における日出・日没が最も正確で、かつ遠距離においても情報共有できる時間軸の一致であることは間違いない。設計に携わる作者が、その観点から古事記を紐解いて、開示してくれた見解は興味深いものがあった。大和朝廷が如何にして日本の支配を確立するための道程を明示してくれたと確信した。一読をお勧めする。イザナギ・イザナミに関係する黄泉比良坂という黄泉の国との境界も、もちろん出てきます。興味深いよ!

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:旅行・留学・アウトドア

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ