秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > 新書 > その他
20歳の自分に受けさせたい文章講義(星海社新書)[古賀史健]
20歳の自分に受けさせたい文章講義(星海社新書)[古賀史健] 20歳の自分に受けさせたい文章講義(星海社新書)[古賀史健]
  • Googleプレビュー

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
古賀 史健

924(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2012年01月26日頃
  • 著者/編集:   古賀 史健
  • レーベル:   星海社新書
  • 出版社:   星海社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  280p
  • ISBN:  9784061385108

よく一緒に購入されている商品

  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義(星海社新書)[古賀史健]
  • +
  • 沈黙のWebライティングWebマーケッターボーンの激闘[松尾茂起]
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
  • 古賀 史健

924円(税込)

在庫あり

2,200円(税込)

在庫あり

合計 3,124円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

「話せるのに書けない!」人のための"文章の授業"
どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか? この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである僕が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう!

内容紹介(出版社より)

「話せるのに書けない!」人のための“文章の授業”
どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか? この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである僕が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう!
あなたの「書けない!」にお答えします
●話せるのに書けない!(→7ページへ)
●文章にリズムがない!(→55ページへ)
●「読みづらい」「わかりにくい」と言われてしまう!(→60ページへ)
●改行や句読点のコツを知らない!(→84ページへ)
●文章をどう展開していいか、よくわからない!(→105ページへ)
●伝わらない!(→155ページへ)
●書くことが多すぎて、絞りきれない!(→230ページへ)
●そもそも文才がない!(→267ページへ)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである著者が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう。

目次(「BOOK」データベースより)

はじめに 「話せるのに書けない!」のはなぜか?/ガイダンス その気持ちを「翻訳」しよう/第1講 文章は「リズム」で決まる/第2講 構成は「眼」で考える/第3講 読者の「椅子」に座る/第4講 原稿に「ハサミ」を入れる

著者情報(「BOOK」データベースより)

古賀史健(コガフミタケ)
1973年福岡県生まれ。出版社勤務を経て24歳でフリーに。30歳からは書籍のライティングを専門とする。以来、「ライターとは“翻訳者”である」「文章は“リズム”で決まる」を信念に、ビジネス書や教養書を中心に現在まで約80冊を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(182件)

総合評価
 4.26

ブックスのレビュー(12件)

  • 頭のなかのぐるぐるを翻訳すること
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月06日

    「文章」というものを初めて勉強してみたいと思い購入。文章の書き方、テクニックの様なもの、もしくは文を書く上での骨格になるような教科書的内容が書かれていると思っていた。確かに文章構成や読点の使い方など、基礎とも言える内容は記載されているが、それよりももっと「文章を書くとはどういうことか」という大きな所を前提として作られた本の様に感じた。決まりきった小綺麗な文章の書き方、なんかではなく。そんな印象。
    この本を読んで特に意識したいと思ったのは、
    「頭のなかのぐるぐるを、伝わる言葉に"翻訳"したものが文章なのである」。

    1人が参考になったと回答

  • 役に立ちました。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年09月16日

    正直文体はあまり好きではなかったのですが、
    読んでいくうちに筆者の誠実さが伝わってきました。
    読み終えたころには、文章に対しての心構えが変わりました。
    何度も読みたい1冊です。

    1人が参考になったと回答

  • Webライティングには最適本
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年03月12日

    講義形式になっていてwebライティングを始まようと考えなている方には、とても分かりやすく良い本です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年10月04日 - 2021年10月10日)

     :第2266位(↓) > 新書:第67位(↓) > その他:第17位(↑)

  • 日別ランキング(2021年10月16日)

     :第-位( - ) > 新書:第550位(↓) > その他:第188位(↓)

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ