「自己啓発病」社会
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

「自己啓発病」社会 (祥伝社新書)
宮崎学

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年02月
  • 著者/編集:   宮崎学
  • レーベル:   祥伝社新書
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  220p
  • ISBNコード:  9784396112639

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「失われた20年」と軌を一にするように、日本人の間で自己啓発ブームが巻き起こった。合言葉は「セルフヘルプ」、「スキルアップ」、「夢をかなえる」…。このブームを支えたのが『自助論』という翻訳書だ。彼ら自己啓発に励む日本人は、同書をバイブルとして崇め立てた。だが、そのバイブルは、じつは抄訳であり、原著(完全訳)の持つ精神を損ない、たんなる成功のためのハウツー集になっていることに気づく人は少ない。日本人は、いわば「ゆがめられた自助」を盲信してきたのだ。自己啓発ブームの結果、格差は拡大し、「あきらめ感」が蔓延した。現代日本の社会病理を徹底的に解剖する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「セルフヘルプ」という病(ポジティブ・シンキングから自己啓発へー1990年以後の日本/「スキルアップ」の三種の神器 ほか)/2 ゆがめられた『自助論』(いま読まれている『自助論』は「抄訳」である/「抄訳」にはない、もうひとつの重要なこと ほか)/3 自助と互助と共助(幕末日本にあった「自助」と「互助」と「共助」/志士たちの魂を揺さぶったもの ほか)/4 「勤勉」と「成功」の終わり(かつて「労働」とは奴隷の仕事だった/いつから「勤勉=美徳」になったのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮崎学(ミヤザキマナブ)
1945年、京都府生まれ。早稲田大学中退。父は伏見のヤクザ、寺村組組長。早大在学中は学生運動に没頭、共産党系ゲバルト部隊隊長として名を馳せる。週刊誌記者を経て実家の建築解体業を継ぐが倒産。半生を綴った『突破者』(南風社、新潮文庫)で衝撃的デビューを果たし、以後旺盛な執筆活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(38件)

総合評価
 3.03

ブックスのレビュー

  • (無題)
    トモガラ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年07月23日

    竹内均訳のS・スマイルズ「自助論」は、新自由主義者達から成功ノウハウ本のように持て囃されているが、竹内本は全訳ではなく抄訳で、スマイルズが本当に伝えたかったこと(「自助は利己ではない」「自助は相互扶助と両立する」「自助は成功の為ではない」「自助とは人格を作ること」「自助とは個人の尊厳を打ち立てること」等)は省かれていること、スマイルズにとっては「成功」が問題なのではなく「立志」が問題だったこと、「立志の人」として取り上げられた例は300人に上るが、商人や銀行家等の企業家はほとんど入っていないこと、などにより、新自由主義者達の「軽薄さ」が明らかにされている。
    また、「3.11」である意味明確になった、「ヨーロッパの近代」と「日本の近代」の決定的な違いからくる「民主主義=自己統治」のはき違えや、相互扶助が無けれければ自助も無く、利己的自助では相互扶助が働かないこと、大きく変化しつつある日本人の意識も紹介されている。
    資本、労働、金融のグローバル化による現在の「カジノ資本主義」(賭博経済)で必要とされるものは、勤勉ではなく才覚、忍耐力ではなく敏捷性、蓄積ではなく投機であり、近代(産業革命)以降の勤勉倫理は役に立たなくなっていて、こういう「流した汗が報われない社会」では「勤勉な自助」に代わる「新たな自助」が必要、としている。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

820円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本が売られる
      日本が売られる

      堤未果

      928円(税込)

    2. 2
      知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
      知ってはいけない2 日本の主権はこうし…

      矢部 宏治

      950円(税込)

    3. 3
      払ってはいけない
      払ってはいけない

      荻原 博子

      820円(税込)

    4. 4
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    5. 5
      女の不作法
      女の不作法

      内館牧子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ