現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学
福島原発多重人災東電の責任を問う
  • Googleプレビュー

福島原発多重人災東電の責任を問う 被害者の救済は汚染者負担の原則で
槌田敦

1,760(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2012年03月
  • 著者/編集:   槌田敦山崎久隆
  • 出版社:   日本評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  175p
  • ISBN:  9784535585997

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 原発震災の歴史的意味(原発震災前史/自然の力を軽視したツケ/次に原発震災が起きる場所/福島第一原発で起きたことの再検証/電力不足キャンペーンのウソ/今後も続く、とてつもない危機)/2 これは事故を超えて犯罪だ(考え得る原発過酷事故の勢揃い/福島原発事故による人体被害/汚染日本で暮らすための汚染者負担の原則/未必の故意による事故と業務上過失で拡大した被害)/3 討論 福島原発事故の疑問を解く

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
槌田敦(ツチダアツシ)
1933年東京生まれ。東京都立大学理学部卒。東京大学大学院物理課程中途退学、東京大学理学部物理教室助手、理化学研究所研究員。1966年東京大学理学博士。名城大学経済学部教授、高千穂大学非常勤講師定年退職。専門:熱物理学、環境経済学

山崎久隆(ヤマザキヒサタカ)
1959年富山県生まれ。富山県立桜井高等学校卒。たんぽぽ舎、劣化ウラン研究会、福島原発市民事故調査委員会

原田裕史(ハラダヒロフミ)
筑波大学大学院修了。理工学修士。コンピュータプログラマ。たんぽぽ舎では「地震がよくわかる会」「核開発に反対する会」に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ