製造業が日本を滅ぼす
  • Googleプレビュー

製造業が日本を滅ぼす 貿易赤字時代を生き抜く経済学
野口悠紀雄

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年04月
  • 著者/編集:   野口悠紀雄
  • 出版社:   ダイヤモンド社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  291p
  • ISBNコード:  9784478021194

商品説明

自動車や電機など製造業の輸出が落ち込み、日本を支えてきた輸出主導の成長モデルが崩れている。これから製造業は復活できるのか、円高は是正されるのか。日本経済論の第一人者が日本の貿易構造や為替の先行きをつぶさに分析し、人材開国、高度サービス業の育成など、貿易赤字時代を生き抜く処方箋を示す。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
円高こそが日本経済に利益をもたらす。新興国と価格競争してはならない。TPPは中国との関係を悪化させる。「人材開国」と「金持ちモデル」を目指せ。円安・輸出頼みを捨て、新たな成長モデルを確立せよ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本の輸出立国は大震災で終わった/第2章 日本の貿易構造は変化している/第3章 円高について通念を変えるべきとき/第4章 電力問題に制約される日本経済/第5章 縮原発は不可能ではない/第6章 製造業の事業モデルを変える/第7章 海外移転で減少する国内雇用をどうするか/第8章 TPPで本当に議論すべきは何か?/第9章 欧州ソブリン危機は日本に波及するか?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野口悠紀雄(ノグチユキオ)
1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主要著書『情報の経済理論』(東洋経済新報社、1974年、日経経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、1980年、サントリー学芸賞)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、1992年、吉野作造賞)等多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(15件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

  • (無題)
    tokudaimajin
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年09月02日

    野口氏の考え方には賛成しかねる箇所が幾つかありますが、それでも判りやすく捉えている点は、評価できました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    あきら1111
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2012年06月10日

    個人的に製造業には頑張ってほしいです。もちろん日本は構造改革しないといけないとは思いますが・・・。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ