なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳(仮)
  • Googleプレビュー

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳
桂聖

10位 小学校部門 楽天ブックス週間ランキング(2017年10月09日-2017年10月15日)ランキングを見る

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年08月
  • 著者/編集:   桂聖永田紗戀
  • 出版社:   実務教育出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  145p
  • ISBNコード:  9784788910522

この商品を含むセット商品

商品説明

超人気名門小学校の先生と、マスメディアでも話題の新進気鋭の女流書道家がおくる、まったく新しい「ひらがなの書き方」の手引書。


あんまりにも字が汚い息子にやらせました。
小1の夏休み、書写の宿題があったので、
その前にやらせようと思いまして。

きれいに書くコツがわかりやすく、
一緒にやっていたくせ字気味の私も整った字を書くことができるようになりました。
息子の書写の宿題もばっちりでした。

しかし。
冬休みの書写の宿題で、元通り。
ひどく汚い字に戻っていました。

きれいに書くコツはわかった。
でも、普段から意識して一文字一文字書かないと、身に付かない。
文字というのはそういうものなんですね。
とにかく急いで宿題を終わらせて遊びたいという思いだけで生きている小1の男子には、
一文字一文字意識して丁寧にってことがまず無理なんです。
もちろん性格にもよるでしょうけども。

一文字に対して、数回しか練習するスペースがないこと。
平綴じのため、開きが悪く、書きにくいこと。
が、ちょっと難でした。(Tamiさん 40代・千葉県 男の子7歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「もっとうまく書けるようになってほしい!」そんなご両親の願いを、名門・筑波大学附属小学校の桂聖先生とメディアで話題の女性書道家・永田紗戀さんがかなえます。名門・筑波大学附属小で行なわれている書字指導。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
桂聖(カツラサトシ)
筑波大学附属小学校教諭。山口県出身。山口県公立小、山口大学教育学部附属山口小、広島大学附属小、東京学芸大学附属小金井小教諭を経て現職。授業のユニバーサルデザイン研究会代表、光村図書国語教科書編集委員なども務める

永田紗戀(ナガタサレン)
1981年千葉県生まれ。3歳で筆を持ち21歳で師範免許取得後、フリーの書家として活動。商業筆文字デザインほか、ホテル日航東京等で個展を多数開催。確かな技術力と自由な表現力がヨーロッパでも高く評価されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    小梅1118
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年05月21日

    年長に進級した息子が「ひらがな」の学習を始めました。
    娘(現在小3)の時もそうだったのですが、お世話になっている幼稚園では、
    年長児になると「かいてみよう」という教材に取り組み始めます。
    宿題として、その日に習ったひらがな2文字をジャポニカ学習帳(こくご6マス)に、書き取ります。
    息子も初めての宿題にさっそく取り掛かりました。
    ‥が、何とも‥よく言えば味がある文字なのか‥相田みつをさんの子ども版ような感じで(苦笑)。
    そこで、家庭で楽しく練習できる教材はないものかと、いくつか探してみて、この練習帳に辿り着きました。
    他の方のレビューにもあるように、確かに、書家(永田紗戀さん)の色を感じる文字もあります。
    書写検定のお手本とよく見比べると違いが分かります。
    ですが、まず「長く楽しく取り組めるように」「お手本をよく見て書けるように」が大切かと思いました。
    こびとのキャラクターはとても馴染み易かったようです。
    「すーっ」「ジャンプ!」「ストップ!」などと絵を見ているかのように、なぞったり書いたりしています。
    お手本は、大きい1マスを十字のリーダーで仕切り、左上は1の部屋・左下は2の部屋‥と呼ぶので
    「○のお部屋から始まる」「リーダーで折れる」とポイントやイメージが掴めているようです。
    娘も、最近、ノートの字などが雑になってきたところ。
    ひらがなの復習に、息子と一緒に取り組んでくれればと、おそろいのノート(こくご8マス)を用意ました。
    娘が「はい、次はステップ2だよ」とページをめくり「お話ししながら指でなぞってみて」と声をかけ‥
    まるで先生のように息子に教える姿が微笑ましいです。
    そして、練習を終えたあとは、お互いのノートを交換して
    「ここが揃ってない!」「ここはもっと長く!」などと意見を出し合い、花丸をつけたりお直ししたりしています。
    楽しく練習ができて上手になれれば、本当に嬉しいです。 _φ(^o^*)

    10人が参考になったと回答

  • 書家の人の字が...
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2013年06月23日

    練習帳とありますが、練習ノートと考えるよりは美しい字を書けるようになるテキストです。
    とても分かりやすい。
    ただ、書家の人の字に癖がある。
    かな書道として見たときにバランスがおかしい字があるのが残念。
    書家の方、かなが苦手なのか??
    年が若いので字もお若い感じです。
    書道を習った親御さんだと「??」って思うはず。

    7人が参考になったと回答

  • 楽しんでいます。
    ringousahana
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2013年02月06日

    この春小学生になる息子のために購入。
    届くとさっそくやりたがり、説明を読む間もなく「く」の字をstep1から3までコピーして与えてみました。
    step1は「く」の字の見本と「○も」「○ま」など穴埋め式で書くだけで、普通のひらがな練習帳と変わりません。
    step2はイメージで書く。小人さん?と一緒に「すべりだいしゅーっ」「ストップ」など、とても楽しそう。
    step3は「ちょっとそる」「リーダーでおれる」「そろえる」と、お勉強っぽい。
    親も一緒について、コピーしたプリントを見ながら「こう書くんだね」などと一緒に見てるんですが、step1で内心「あー、曲がり方が逆」とか、「そろってない〜」など思ってしまい、step2で楽しそうに書いているのを見ても「あー、行き過ぎた」と。内心穏やかでないです。step3になると親はホッとして、水を得た魚のように「ほら、ここ、そろえるんだよ」など言いだして。すると幼児の息子はむむっとして、今度は線が不安そうにへろへろ…。せっかく楽しく書いていたのに、ちょっとかわいそう。
    そこで、うちではstep3、2、1と逆にやらせてみることにしました。
    専門家の先生に逆らうようで申し訳ないですが、幼児の気持ち的に、楽しみは後に取っておいた方がいいのでは?と思います。
    あと、本が開きにくく、コピーしづらいです。直接書き込むにも書きにくいし。その点だけマイナス1ポイント。
    あとは、とてもためになるいい本だと思います。大人にもおすすめです。カタカナ版もぜひ出してほしいです。
    著者の永田紗戀さんのオフィシャルホームページに動画があります。こんな風に楽しく教えられたらいいな。

    7人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,080円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ