瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人
  • Googleプレビュー

瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人
鬼塚英昭

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年04月
  • 著者/編集:   鬼塚英昭
  • 出版社:   成甲書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  299p
  • ISBNコード:  9784880862880

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現代史の闇ーその原点は、「てんのうはん」の誕生にある。「てんのうはん」とは、長州(現・山口県)で、天皇のことをいう。長州の多くの人々は「てんのうはん」が山口県熊毛郡田布施町からの出自を持つことを知っている。この秘密を守るために「田布施システム」が創り出された。瀬島龍三は、この田布施システムの秘密を守るための「守り人」としてその一生を終えたのである。また、田布施システムは明治維新以来、「てんのうはん」の守り人として、ヤクザ組織を大事に育ててきた。瀬島龍三と宅見勝が日本列島暗黒街道の中で出会い、そして交友関係を続けるのは決して偶然ではなかったのである。大本営元参謀と山口組若頭の黒い関係、日本最大最悪の闇田布施システムの秘密を解き明かす。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 「てんのうはんの守り人」、そして「田布施システム」/第1章 大日本帝国株式会社の犯罪/第2章 瀬島龍三、児玉誉士夫、そして町井久之/第3章 日本列島暗黒街道/第4章 瀬島龍三・中曽根康弘、そして田中角栄/第5章 バブルが演出され、マフィアが登場した/第6章 国家中枢に挑んだ宅見勝/終章 瀬島龍三と宅見勝、二人の世界

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鬼塚英昭(オニズカヒデアキ)
ノンフィクション作家。1938年、大分県別府市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史
      【予約】「日本国紀」の副読本 学校が教…

      百田尚樹

      950円(税込)

    2. 2
      日本国紀
      日本国紀

      百田尚樹

      1,944円(税込)

    3. 3
      82年生まれ、キム・ジヨン
      82年生まれ、キム・ジヨン

      チョ・ナムジュ

      1,620円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】言葉の品格
      【入荷予約】言葉の品格

      イ・ギジュ

      1,728円(税込)

    5. 5
      悲憤
      悲憤

      中野 太郎

      1,728円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ