トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版>Blu-rayBOX1【Blu-ray】

トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1【Blu-ray】
ユチョン

参考小売価格:25,920円 4,666円(18%)OFF!
21,254円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

商品基本情報

商品説明

【シリーズストーリー】
秘密、みつけた。君を、みつけた。僕らの過した場所ーー “成均館"/幼い頃、父を亡くし母と病気の弟の面倒をみるため、男装して科挙試験の代筆でお金を稼ごうと決心するキム・ユニ(パク・ミニョン)。試験当日、ユニは代筆の依頼人と間違え、イ・ソンジュン(ユチョン)に声をかけてしまう。不正が大嫌いなソンジュンは、「不審な者がいる」と手を挙げると母と弟のためだから見逃してくれと懇願するユニ。ソンジュンはユニのことは話さず、ユニは大事を逃れる。ソンジュンはユニの聡明さを見抜き、50両あげるから科挙試験を受けに来いとユニに言う。迷ったユニだが、弟ユンシクの名前で科挙試験を受けることにする。正祖(チョ・ソンハ)は、ユニの答案用紙が目に留まると答案の理由を問う。ユニは、世の中の不平等さを訴えたかったと言うと、正祖は代筆を頼んだ相手を聞く。するとソンジュンが立ち上がり、聡明なユニの頭を使わないのはこの国の損失だと考え自分が代理受験を依頼したと正祖に明かす。 自分を試したのかと激怒する正祖だが、成均館に入学し、寄宿舎生活をしろという命令を2人に下す…。そうして、女ということがバレたら厳罰に処されることを覚悟し、男として生活を始めるユニ。ユニとソンジュンは、ルームメイトのムン・ジェシン(ユ・アイン)、そして、先輩のク・ヨンハ(ソン・ジュンギ)、ハ・インス(チョン・テス)たちと出会い、様々な試練を乗り越えていく。そんな中、ユニとソンジュンは初めは嫌っているが、徐々に理解し合い、お互いの魅力に引き寄せられていくのだが・・・。
【シリーズ解説】
ユチョンの主演が決定するや否や、アジア各国で話題沸騰!韓国で話題のベストセラー小説「成均館儒生たちの日々」を原作に、学生たちの恋と友情、青春の日々を色鮮やかに描き出した、笑いあり涙ありの珠玉の新感覚青春キャンパスラブストーリー!!

収録タイトル:

[Disc1]
『トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1』/Blu-rayDisc Video
アーティスト: ほか
[Disc2]
『トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1』/Blu-rayDisc Video
[Disc3]
『トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1』/Blu-rayDisc Video
[Disc4]
『トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1』/Blu-rayDisc Video
[Disc5]
『トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1』/Blu-rayDisc Video
[Disc6]
『トキメキ☆成均館スキャンダル<ディレクターズカット版> Blu-ray BOX1』/DVD

商品レビュー

  • 待ちに待って
    ひたしママ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年07月30日

    ディレクターズカット版の広告を見て悩んだ末に購入予約、その日から待ちに待って販売日当日に届きました。内容は冊子に未収録部分が書いてありますが、とにかく1回見なくては・・・と2日かけて最終話まで見ました。
    特典ディスクで監督とユニ、ジェシンの三人が7話を見ながら解説(?)していますが、特に監督の話が面白くってこれの続きが見たい…と思っていたら、ちゃんと2のほうにも入っていました。
    1.2ともお薦めです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

参考小売価格: 25,920円 4,666円(18%)OFF!

21,254円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ブルーレイ

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ