秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 宗教・倫理 > 仏教
そのままで大丈夫小さな町の小さなお寺のお坊さんが伝えたい、大切なこ[望月泰彦]
  • Googleプレビュー

そのままで大丈夫 小さな町の小さなお寺のお坊さんが伝えたい、大切なこ
望月泰彦

1,430(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

人生を変えるためのちょっとしたコツが満載!「大切なものは目の前にある」仏さまが教えてくれた幸せへの近道。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 伝えたい、大切なこころ(今日をどう生きるかで…/幸せとは、今、幸せであることに気づくこと!/自分のことを不幸だと思っている人へ ほか)/第2部 悩んでる人に力を与える言葉(ネガティヴをポジティヴに変換する!/プレッシャーに弱い…/自分に自信が持てない人へ… ほか)/第3部 お釈迦さまの教え(キサー・ゴータミー/捨て縄の教え/地獄の国と仏の国 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

望月泰彦(モチズキタイゲン)
日蓮宗の僧侶。山梨県南巨摩郡身延町にある長峰山慈照寺の副住職。昭和44(1969)年1月27日生まれ。山梨県甲府市出身。平成3(1991)年、山梨学院大学卒業後、東京にて会社勤務。退職後、仏教の大学に編入。卒業後、定職に就けずフリーターとして過ごす。派遣会社に勤務。住職である父親が病となり、僧侶となることを決意、身延山にて修行。修了後、平成15年正式に日蓮宗の僧侶となる。特別養護老人ホームに勤務、その最中に父親の病が悪化し寝たきりとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • おススメです!
    キムケン31
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年06月21日

    前作から、そんなに経っていないのに、続編がでるんですから、大人気なお坊さんですね!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ