ThinkSimple
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学
ケン・シーガル

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学 1,234円
紙書籍版 Think Simple 1,728円

商品基本情報

  • 発売日:  2012年05月
  • 著者/編集:   ケン・シーガル林信行
  • 出版社:   NHK出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  317p
  • ISBNコード:  9784140815458

商品説明

〈シンプル〉は、ビジネスにおける最強の武器だ!

かつてアップルを倒産の淵から救った伝説のThink Differentキャンペーンを手がけ、iMacを命名したことでも知られる著者が初めて明かす、世界ナンバーワン企業の作り方。アイデアを実現させ、イノベーションを生みだし、生産性を上げ、何よりもクリエイティビティを高めるために必要なのは、シンプルさがもつ力を熱狂的に信じることだ・・・そのための核となる10の法則で、〈シンプル〉の真髄に迫る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
著者にしか知りえないさまざまなアップルでのエピソードを題材としながら、「シンプル」という哲学を、核となる10の要素に落としこんで紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
Introduction シンプルの杖/第1章 容赦なく伝える/第2章 少人数で取り組む/第3章 ミニマルに徹する/第4章 動かし続ける/第5章 イメージを利用する/第6章 フレーズを決める/第7章 カジュアルに話しあう/第8章 人間を中心にする/第9章 不可能を疑う/第10章 戦いを挑む/Conclusion Think Different

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
シーガル,ケン(Segall,Ken)
広告のクリエイティブ・ディレクターとして数々の賞を総なめにし、スティーブ・ジョブズとはNeXT時代から計12年間ともに働いてきた。1997年には倒産の危機にあったアップルに復帰したジョブズに再び起用され、伝説のマーケティングキャンペーンThink Differentの制作に参画。また「iMac」を命名したことでその後のアップルの「i」シリーズを生みだすなど、アップル復活において重要な役割を果たしている

林信行(ハヤシノブユキ)
フリーランスITジャーナリスト兼コンサルタント。70年代からパソコンに興味を持ち、90年代から取材と執筆活動を続ける。スティーブ・ジョブズ復帰や初代iPod発表も直に取材した。アップルやグーグルの企業動向の分析をはじめ、ブロードバンド化やブログ、SNSといった新トレンドにも早くから注目、近年はグローバル化への対応を迫られる日本企業に、アップル、グーグルやシリコンバレーの起業家の考え方やノウハウを伝えている

高橋則明(タカハシノリアキ)
翻訳家。1960年生まれ。立教大学法学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(190件)

総合評価
 3.96

ブックスのレビュー

  • 複雑に考えがちな私に
    -thinkpad-
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年07月05日

    人間はどうしても物事を複雑にして考えがち。自分の考え方をしっかりと描き、その考え方に従って出来るだけ物事をシンプルに考えることの重要性を説いている本です。共感できました。

    2人が参考になったと回答

  • Simpleを突き詰める
    rb94
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年07月09日

    基本が大切、とよく言われる。ビジネスでもスポーツでも、基本に忠実に物事を行うことが上達と成功への近道である。しかし、それを徹底することは難しい。
    この本の著者はSteve JobsのNextおよびAppleと長年仕事をしてきた広告宣伝のプロで、「iMac」の名付け親であり、Jobsの手法を間近かつ外側から見続けてきたというユニークなポジションにいた方である。
    著者の解説するところのAppleの成功の秘訣とは、究極のところいかに基本に忠実に、単純に、無駄をそぎ落としてビジネスを行うことである。一見すると簡単なようだが、これを行うにはー特に大企業や官公庁などの大きな組織ではー実権を持つトップかそれに近い人間の途方も無いリーダーシップと病的なまでの執着心が必要なようだ。
    それなりの規模の企業や官公庁に勤める者にとっては、この本は共感ーAppleのようにしたいーと、諦念ーAppleのようにはできないーを呼びおこすように思う。あるいは、JobsのAppleのように取り組める企業でないと、グローバル化した世界の中でイノベーターとなることは難しいのかもしれない。
    ともあれ、類書の中でこの本の特徴である、Jobsと間近で一緒に長く仕事をしてきた著者の書いた本ということで、内容にもより重みや現実感があり、興味深い一冊である。ビジネスマンはもとより、組織を運営しようとする方々ーNPOであれ学校のクラブやサークルであれーは、読んでおくべき一冊ではないだろうか。

    1人が参考になったと回答

  • ややこしや
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2012年08月23日

    内容がシンプルでなかった・・・さらに誤訳・・・・
    これは原本を読ませるための仕掛けか・・・

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ