夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > ボーイズラブ(BL) > 小説 > 徳間書店 キャラ文庫

天涯行き (キャラ文庫)
凪良ゆう

649(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2012年06月
  • 著者/編集:   凪良ゆう
  • レーベル:   キャラ文庫
  • 出版社:   徳間書店
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  245p
  • ISBN:  9784199006715

商品説明

内容紹介

それぞれに誰にも言えない事情を背負った男たちの愛の果ては・・・!? 贖罪と再生の物語。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

名前しか知らない相手と、夜ごと激しく抱き合って眠るー。旅の青年・高知をなりゆきで家に住まわせることになった遠召。戻らない恋人を待ち続ける遠召と、人懐こい笑顔と裏腹に、なぜか素性を語らない高知。互いの秘密には触れない、共犯めいた奇妙な共同生活。この平穏で心地良い日々はいつまで続くんだろう…?けれどある日、高知が殺人未遂事件の容疑者として追われていると知って!?-。

関連特集

商品レビュー(27件)

総合評価
 4.04

ブックスのレビュー(7件)

  • モノローグ多いけど
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2014年05月15日

    静かに淡々と片田舎の町の古びた民家でストーリーは展開していきます。
    過去に囚われてそこから動けない受け。何かから逃げるようにこの町にやってきた攻め。なりゆきで共に住むようになりなりゆきで肌を重ね、そして二人の過去が明らかになるとき、それぞれが選んだ道は・・。みたいな感じですね。
    シリアスで暗めで重め。そしてモノローグが多いのでキャラが会話することでラブストーリーが進んでいく展開ではないです。しっとりしたシリアスがお好きな方向きかな。わりと単調で途中すこし失速するため眠くなったり(笑)。この作家さんのシリアスが個人的に好みなので☆は4つで。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    アリネコ
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2014年03月05日

    何か色々盛り込みすぎな感じがしました。急いで結論づけたというべきか?いろんなことを置いてきぼりにして・・・ちょっとそうか不良気味です。でも周りに言い方がいて良かった。できれば執行猶予と付けて欲しかったし、悪い奴には制裁をして欲しかった。正直者が馬鹿を見るようなお話はさみしいよ!!でも最初と終わりがおなじなのはよかったです。できればもう少しお兄さん、お父さんにガンパって欲しかったです。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年09月22日

    もの凄く重いトラウマを抱えた主人公ふたり。全体的に暗いですが、この作家さんの繊細な描写が好きです。読後感は悪くありません。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ボーイズラブ(BL)

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ファインダーの抱擁限定版
      ファインダーの抱擁限定版

      やまねあやの

      950円(税込)

    2. 2
      【予約】SUPER LOVERS 第16巻 小冊子付き特装版
      【予約】SUPER LOVERS 第16巻 小冊子…

      あべ 美幸

      1,276円(税込)

    3. 3
      百日の薔薇 Maiden Rose 1
      百日の薔薇 Maiden Rose 1

      稲荷家房之介

      825円(税込)

    4. 4
      百日の薔薇 Maiden Rose 2
      百日の薔薇 Maiden Rose 2

      稲荷家房之介

      825円(税込)

    5. 5
      【予約】純情ロマンチカ 第27巻 小冊子付き特装版
      【予約】純情ロマンチカ 第27巻 小冊子…

      中村 春菊

      1,276円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ