シリーズ〈緑地環境学〉(3)
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

シリーズ〈緑地環境学〉(3) 郊外の緑地環境学
武内和彦

4,644円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年06月
  • 著者/編集:   武内和彦
  • 出版社:   朝倉書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  275p
  • ISBNコード:  9784254185034

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「郊外」とはどのような空間か(現代郊外の諸相/パラダイム転換と郊外のランドスケープー21世紀の郊外を取り巻く社会情勢/「農」による校外緑地の再編)/第2章 「郊外」のランドスケープの形成(郊外とは何かー「植え付けられたランドスケープ」と「根付いているランドスケープ」/郊外住宅地の誕生/ニュータウン緑地の形成/スプロールの発生/緑地ストックを活かした校外の保全と再生ー「農」の復権)/第3章 郊外緑地の機能(郊外緑地を計画するうえで考えなければいけないこと/郊外緑地に求められる環境保全機能/食料生産機能/バイオマス生産・利用機能/気候緩和型機能/景観保全機能)/第4章 郊外緑地にかかわる法制度(郊外緑地にかかわる法制度を捉える視点/郊外緑地にかかわる法制度の概要/校外緑地の保全・再生にかかわる法制度の運用をめぐる論点)/第5章 郊外緑地の未来(市街地と混在する「農」/「「農」ある郊外」の形成に向けて/決定論から可能論へーフレキシブルな計画体系の確立の必要)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
横張真(ヨコハリマコト)
東京都に生まれる。1986年東京大学大学院農学系研究科農業生物修士課程修了。農林水産省農業環境技術研究所。1998年筑波大学社会工学系助教授。2004年筑波大学大学院システム情報工学研究科教授。2006年東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。博士(農学)

渡辺貴史(ワタナベタカシ)
東京都に生まれる。2004年筑波大学大学院社会工学研究科都市・環境システム専攻修了。日本学術振興会特別研究員(国立環境研究所)。2006年高松工業高等専門学校(現香川高等専門学校)建設環境工学科助手。2007年長崎大学環境科学部准教授。2011年長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科准教授。博士(社会工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年06月10日 - 2019年06月16日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第3106位(↑) > 工学:第1268位(↑) > 建設工学:第179位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

4,644円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ