ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学

みんなでわかる高次脳機能障害生活を立て直す脳のリハビリ 注意障害編
中島恵子(神経心理学)

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2012年07月
  • 著者/編集:   中島恵子(神経心理学)
  • 出版社:   保育社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  169p
  • ISBN:  9784586085163
  • 注記:  『理解できる高次脳機能障害 家庭でできる脳のリハビリ『注意障害』編』改訂・改題書

商品説明

目次(「BOOK」データベースより)

解説編ー高次脳機能障害を理解しよう(まずは「脳の障害」と向き合おう!-ささえがあってこそ向き合える/「注意障害」って何ですか?/「注意障害」のリハビリってどんなことをするの?)/問題編ー家庭でできるリハビリ問題(「続けられる力」と「見つけられる力」を強化する問題/「同時に見つけられる力」を強化する問題/「変えられる力」を強化する問題)/解答編ーリハビリ問題の答え合わせ(「続けられる力」と「見つけられる力」を強化する問題/「同時に見つけられる力」を強化する問題/「変えられる力」を強化する問題)

著者情報(「BOOK」データベースより)

中島恵子(ナカシマケイコ)
博士(健康科学)、医療心理士、臨床発達心理士。専門は、神経心理学、心理リハビリテーション。1987年日本女子大学大学院修士修了。2001〜2008年リハビリテーション心理職会副会長。2003〜2007年東京都医学研究機構東京都神経科学総合研究所リハビリテーション研究部門(高次脳機能研究)客員研究員。2004〜2007年熊本県医師会高次脳機能障害検討委員会事務局長。2005〜2007年厚生労働省高次脳機能障害委員会九州ブロック熊本県代表。2009年〜リハビリテーション心理職会顧問。2003〜2008年九州ルーテル学院大学人文学部教授。2008〜2011年帝京平成大学健康メディカル学部臨床心理学科教授。2011年〜帝京平成大学大学院臨床心理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 5.0

ブックスのレビュー(2件)

  • ありがとうございます!
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年04月24日

    わかりやすく内容の書籍で大変に満足しています.
    ありがとうございました.

    0人が参考になったと回答

  • 良いです。
    yastak21
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年06月08日

    問題数も多くやりごたえがあります。問題が、ホワイトボードになるとかあると良いけどそれは無理ですね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ