本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 商業

移動者マーケティング 移動を狙えば、“買う”はつくれる。
加藤肇

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介

購買行動の前後には移動があり、移動者を購買ポテンシャルの高いターゲットと見極め、効率的に販売へと結び付ける広告展開を行うことで、従来型のマスマーケティングとは異なる成果を期待できると説く。そのノウハウを詳説。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

“移動者マーケティング”とは、読んで字の如く移動する生活者をターゲットにしたマーケティング手法である。これは、「買い物の前後には移動がある」という事実に着目することで導き出された、シンプルな戦略アイデアである。生活者、ショッパー(買い物客)に次ぐ第3のターゲット、「移動者」が成熟消費社会に立ち向かう一つの切り札になる。

目次(「BOOK」データベースより)

01 買い物の前後には移動があるーターゲットは「移動者」/02 「駅消費」と移動者マーケティング/03 移動者マーケティングとは/04 移動者マーケティング・プランニングの実践/05 特別対談ー宇佐美清氏と考える移動者マーケティング/06 広がる可能性ー移動者マーケティングの近未来

著者情報(「BOOK」データベースより)

加藤肇(カトウハジメ)
ジェイアール東日本企画駅消費研究センター長。大手広告会社、文具メーカーにて、マーケティング・プランニング、新商品企画、新規事業企画などを歴任する。1998年からは、ジェイアール東日本企画に在籍し、営業企画、メディアプランナーなどの職務を経て、現在は駅消費研究センターのセンター長を務める。駅および駅周辺での消費に関する調査・研究をもとに、駅を起点としたマーケティング・ソリューションについて考察している

中里栄悠(ナカザトエイユウ)
ジェイアール東日本企画駅消費研究センター研究員。移動者マーケティングプロジェクトメンバー。2004年、ジェイアール東日本企画入社。以降、幅広いクライアントのコミュニケーションプランニングに従事。その一方で、買い場としての駅のポテンシャルに注目し、06年より駅の消費に関する研究活動を始動。08年、駅消費研究センター設立より現職。移動者マーケティングのコンセプト開発および企業へのソリューション提案業務に携わる。シンポジウム、企業セミナーなど講演多数。JPMプロモーショナルマーケター

松本阿礼(マツモトアレイ)
ジェイアール東日本企画駅消費研究センター研究員。移動者マーケティングプロジェクトメンバー。2009年、ジェイアール東日本企画入社。アパレル、サービス業などのコミュニケーションプランニングに従事。また、「駅デジタルサイネージネットワーク」の推進メンバーとして広告効果検証手法開発に協力。現在は、移動者マーケティング視点でのソリューション提案業務に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(11件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ