はじめての民俗学[宮田登]
  • Googleプレビュー

はじめての民俗学 怖さはどこからくるのか (ちくま学芸文庫)
宮田登

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年08月
  • 著者/編集:   宮田登
  • レーベル:   ちくま学芸文庫
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  214p
  • ISBNコード:  9784480094827

商品説明

現代社会に生きる人々が抱く不安や畏れ、怖さの源はどこにあるのか。民俗学の入門的知識をやさしくときつつ、現代社会に潜むフォークロアに迫る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
科学技術の発達した現代の都市社会においても、人々が強い関心を寄せつづける、妖怪・オカルトなどの「不思議な現象」。そのような心の源流にあるのは、いったい何なのだろうか。脈々と生き続ける、日本人の隠れた意識を探り当てるのに、民俗学はすぐれた力を発揮する。本書は、民俗学の入門的な知識と、学問としての流れをはじめの一歩から解説。さらには、エンガチョ、消えるタクシー客など、都市のフォークロアに適用して、身近な「怖さ」の裏にひそむ非合理的思考や神秘主義へのあこがれを読み解き、現代の民俗学の可能性を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 民俗学とは(民俗学の流れ/現代社会とフォークロア/「都市」へのアプローチ/ハレとケのとらえ方/気離れと穢れ/私と民俗学)/2 都市が秘める力(「都市」への誘い/「都市」の語り出すフォークロア/「不思議な場所」のテーマ/怖さはどこからくるのか)/3 再生への願い(ケガレとキヨメ/「白山」の意味/シラと再生/白比丘尼の長命/「白」のもたらすもの/熊野とシラ/生まれ清まり)/4 現代民俗学の可能性(「世の終わり」のフォークロア/「不可思議」な心意/流行神と祀り棄て)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮田登(ミヤタノボル)
1936年、神奈川県生まれ。東京教育大学文学部卒業。同大学大学院修了。筑波大学教授、神奈川大学教授を務める。その関心は民俗学から日本史学、人類学等、周辺諸学におよび、研究の成果は国内外で評価された。2000年に逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 2.8

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,080円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新・魔法のコンパス
      新・魔法のコンパス

      西野 亮廣

      712円(税込)

    2. 2
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    3. 3
      今昔百鬼拾遺 河童
      今昔百鬼拾遺 河童

      京極 夏彦

      820円(税込)

    4. 4
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    5. 5
      【予約】行きたくない
      【予約】行きたくない

      加藤 シゲアキ

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ