楽天ブックス  お買い物マラソン 条件達成でポイント3倍!楽天ブックスエントリーはこちら
現在地
トップ >  > 新書 > 科学・医学・技術
「最悪」の核施設六ケ所再処理工場(集英社新書)[小出裕章]
  • Googleプレビュー

「最悪」の核施設六ケ所再処理工場 (集英社新書)
小出裕章

770(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

原発再稼動問題で世論は沸騰している。もちろん、福島の事故はなんら収束していない。
だがその影で、なぜかあまり語られない「原発をめぐる最大の問題」がある。
それが、青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場である。
「原発が1年で放出する放射能を、1日で放出する」
といわれる再処理工場だが、原子力行政側は、この秋にも運転を始めようと目論んでいる。

本書は、3名の識者が「六ヶ所の危険性」を様々な角度から具体的に指摘する。

・欧州の再処理施設周辺では、すでに深刻な汚染が実証されている。
・日本はその欧州に劣る原子力技術後進国であり、再処理施設を制御する能力はない。
・施設そのものが、フランスやドイツの技術を継ぎ接ぎした「無節操」なものである。
・単に「コストがかかる」という理由で、捕捉すべき放射性物質をそのまま放出しようとしている。
そのため、稼動するだけで全地球規模に汚染を拡散させることになる。
・施設の下には、明らかに「活断層」が存在している。
・ひとたび大事故が起これば、その影響は九州まで含めた日本全域に及ぶ。福島事故の比ではない。

原発関連書は数多く出版されているが、「再処理工場」に特化した新書は初。
原発問題・核問題のキーポイントはここにあることを示す、警告の一冊である。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
様々な原発報道において、なぜか盲点になっている場所がある。それが、青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」だ。本格稼働すると「原発が一年で放出する放射能を一日で放出する」と言われるこの施設では、いくつものお粗末な欠陥が露呈し、しかも、直下には明らかに活断層が存在する。その危険性は、通常の原子力発電所の比ではない。本書は、それぞれの分野で「六ヶ所」にアプローチしてきた専門家たちの切実な訴えで構成されている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「原子力後進国」日本の再処理工場が招く地球汚染の危機(五感に感じなくても著しく危険な放射線/放射線の危険性に対する「認識」の進化 ほか)/第2章 シミュレーション「六ヶ所炎上」(裂けた核燃料再処理工場/シミュレーションの概要 ほか)/第3章 核燃料サイクル基地は活断層の上に建っている(福島第一原発事故の根源となった国の「安全審査」体制/島根原発直近の「鹿島断層」過小評価事件 ほか)/第4章 再処理「延命」のため浮上した日本「核武装」論(二人の「工業技術院」OB/「再処理路線」にしがみつく本当の理由 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小出裕章(コイデヒロアキ)
1949年生まれ。京都大学原子炉実験所助教

渡辺満久(ワタナベミツヒサ)
1956年生まれ。東洋大学教授

明石昇二郎(アカシショウジロウ)
1962年生まれ。ルポライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(15件)

総合評価
 4.08

ブックスのレビュー

  • 原発問題・核問題のキーポイント
    R134号線の狼
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年08月17日

    原発再稼動問題で世論は沸騰している。もちろん、福島の事故はなんら収束していない。
    だがその影で、なぜかあまり語られない「原発をめぐる最大の問題」がある。
    それが、青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場である。
    「原発が1年で放出する放射能を、1日で放出する」
    といわれる再処理工場だが、原子力行政側は、この秋にも運転を始めようと目論んでいる。
    本書は、3名の識者が「六ヶ所の危険性」を様々な角度から具体的に指摘する。
    ・欧州の再処理施設周辺では、すでに深刻な汚染が実証されている。
    ・日本はその欧州に劣る原子力技術後進国であり、再処理施設を制御する能力はない。
    ・施設そのものが、フランスやドイツの技術を継ぎ接ぎした「無節操」なものである。
    ・単に「コストがかかる」という理由で、捕捉すべき放射性物質をそのまま放出しようとしている。
    そのため、稼動するだけで全地球規模に汚染を拡散させることになる。
    ・施設の下には、明らかに「活断層」が存在している。
    ・ひとたび大事故が起これば、その影響は九州まで含めた日本全域に及ぶ。福島事故の比ではない。
    原発関連書は数多く出版されているが、「再処理工場」に特化した新書は初。
    原発問題・核問題のキーポイントはここにあることを示す、警告の一冊である。

    16人が参考になったと回答

  • 放射性物質をばら撒く「核のゴミ捨て場」
    Ta152R
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年10月24日

    “世界一危険なゴミ捨て場"の実態!
    原発報道ではあまり語られないが、青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」こそ最も危険な存在である。
    プラントの欠陥、活断層の存在などを、第一線の専門家の知見を動員して明らかにする。
    目 次
    第1章 「原子力後進国」日本の再処理工場が招く地球汚染の危機
    第2章 シミュレーション「六ヶ所炎上」
    第3章 核燃料サイクル基地は活断層の上に建っている
    第4章 再処理「延命」のため浮上した日本「核武装」論

    4人が参考になったと回答

  • ぜひ
    涼風まよ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年01月25日

    みなさんに読んでほしい一冊です。
    原発にまつわる一連の事柄をこの本のおかげて、知ることができました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      仕事と人生
      仕事と人生

      西川 善文

      990円(税込)

    3. 3
      人間の器
      人間の器

      丹羽 宇一郎

      924円(税込)

    4. 4
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    5. 5
      英語独習法
      英語独習法

      今井 むつみ

      968円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ