本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 児童書 > 児童書(日本)
  • いやいやえん
  • いやいやえん(福音館創作童話シリーズ)[中川李枝子]
いやいやえん
  • Googleプレビュー

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)
中川李枝子

1,430(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • いやいやえん
  • +
  • エルマーのぼうけん新版
  • いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)
  • 中川李枝子

1,430円(税込)

在庫あり

1,320円(税込)

在庫あり

合計 2,750円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



 この本の舞台となる「ちゅーりっぷほいくえん」の紹介。いたずらっこの「しげる」は保育園の約束を忘れてばかり。  男の子たちは「ぞうとらいおんまる」という船を作ってくじらをとりに海へ出ます。くじらとりには成功したものの、嵐が船を襲います。  お掃除のために重ねた机に、しげるが登り、机が崩れてあやうく大事故に。でもしげるは「ちこちゃんがのぼったから」とちこちゃんのせいにします。なんでもちこちゃんのまねをするのね、とちこちゃんの服を着せられると不思議不思議、しげるは全部ちこちゃんのするとおりになってしまいます。  「ぼくはもうなんでもひとりでできるからほいくえんにはいってもいいでしょう」と手紙を書いてちゅーりっぷほいくえんにやってきた「やまのこぐ」くんは、なんとくまの子でした。最初は怖がっていたみんなですが、次第にうちとけて仲良くなります。  しげるが保育園をさぼって原っぱで遊んでいると、おおかみがそれを見つけて食べてやろうとします。でもしげるは汚くて、そのまま食べるとおなかをこわしそうなので、しげるを洗うことにしましたが...  保育園のみんなは山登りに行きますが、しげるは先生との約束を破り、黒い山へ入ってしまいます。そこには鬼が住んでいて...  何でも「いや」「いや」言ってばかりのしげるは「いやいやえん」という保育園に入れられてしまいます。そこには約束事がなくて、嬉しいはずなのですが... 「ちゅーりっぷほいくえんのほうがずっとおもしろいよ!」


7編からなる童話集です。「ぐりとぐら」の作者、中川李枝子さんと大村(山脇)百合子さん姉妹のデビュー作品で、1962年の出版以来、長きに渡って親しまれています。リアルで身近な保育園の世界からなにげなくあっという間にファンタジーの世界へ飛び、また戻ってくるという不思議なお話ですが、全体を通してほのぼのとした空気が流れ、安心して楽しむことができます。挿絵には色がなく、絵本ではなく字の本です。お話の面白さがわかるようになってから読んであげるのがよいと思います。


10月で5歳になる長女と楽しんでいます。
まだまだ絵本も大好きな長女ですが
そろそろ文字のお話も聞けるかなあと思って、
それのはじめは、いやいやえんと決めていたので
早速読みました。
やっぱり、すごいくいつき!
私も保育園のとき、お昼寝前に読んでもらったとき
すごくわくわくしたのをおぼえています。
いつの時代も、いやいやえんは愛されるんだなあと
感心しました。
何回もリピートして読みたいと思います!(はっしゅぱぴーさん 30代・東京都 女の子4歳、女の子0歳)

【情報提供・絵本ナビ】

商品レビュー(272件)

総合評価
 4.47

ブックスのレビュー(130件)

  • 大人になっても。。。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年06月21日

    自分が子供の時に読み、また子供にも読み聞かせをした本です。成人した息子が、突然「またあの本、読みたいな~」と呟いたので私も無性に読みたくなり購入しました。大人になってからもまた違う感覚で楽しく読めました、不思議な本です。

    2人が参考になったと回答

  • 良い本です
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年07月22日

    NHKの日本語であそぼ、で使われているものが沢山あります。
    子供だけでなく、大人も考えさせられる内容が盛り込まれています。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    kunitan7
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年12月11日

    もうすぐ4才になる息子に購入しました。もともと『ぐりとぐら』を持っていて中川さんのファンでしたが、この『いやいやえん』はさすが元保育士さんだなぁという視点で書かれています。登場するしげるちゃんは、年少か年中の男の子。園ではたくさんお約束(といっても当たり前のこと)があって、知ってはいるけど守れないという姿がまるで我が子を見ているようで子どもらしく可愛く思えます。息子もしげるちゃんが大好き。毎日『いやいやえん』読んで〜という程、大のお気に入りになりました。お話しに出てくる言葉に若干古いものがあり、子どもに分かりづらいところがあるため、分かるように読み替えたりしています。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      セカイを科学せよ!
      電子書籍セカイを科学せよ!

      安田夏菜

      1,265円(税込)

    2. 2
      『呪術廻戦』で英語を学ぶ!
      電子書籍『呪術廻戦』で英語を学ぶ!

      北浦尚彦

      1,210円(税込)

    3. 3
      【TOジュニア文庫】本好きの下剋上 第二部 神殿の巫女見習い5
      電子書籍【TOジュニア文庫】本好きの下剋上 第二…

      香月美夜

      660円(税込)

    4. 4
      小学生おもしろ学習シリーズ まんが日本の歴史人物事典
      電子書籍小学生おもしろ学習シリーズ まんが日本…

      矢部健太郎

      200円(税込)

    5. 5
      ぼく モグラ キツネ 馬
      電子書籍ぼく モグラ キツネ 馬

      チャーリー・マッケジー

      2,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ