ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理

吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む (集英社新書)
早川敦子

770(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2012年11月
  • 著者/編集:   早川敦子
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  188p
  • ISBN:  9784087206654

商品説明

内容紹介

女優の朗読に、イギリスの聴衆も泣いた!

二○一一年十月、吉永小百合は、オックスフォード大学に招かれて、イギリスに渡った。女優と原爆詩の四半世紀にわたる道のりを紹介し、ヨーロッパ初の原爆詩朗読会の様子を、感動的に描いた一冊。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

2011年10月、原爆詩の朗読を続ける女優、吉永小百合は、オックスフォード大学の招きを受けてイギリスに向かう。ヨーロッパで初めての朗読会、伴奏は、坂本龍一。百十年前のピアノが哀切なメロディーを奏で、偶然チャペルに迷い込んだ鳩が、長編詩「慟哭」のクライマックスで天井を飛翔した。彼女の朗読は、なぜイギリスの聴衆たちの胸を打ったのか。吉永小百合が原爆詩と関わった二十余年にわたる軌跡を紹介しつつ、当日の出来事をドラマティックに描くドキュメント。原爆詩が、国境を超えた瞬間が、いまここによみがえる。

目次(「BOOK」データベースより)

1 鳩が運んできたもの(その瞬間/苦悩を受けとめる ほか)/2 原爆詩との出会いとオックスフォードへの道(原爆詩との出会い/CD「第二楽章」の誕生 ほか)/3 チャペルに響いた朗読の言葉ー二〇一一年十月二十二日(ハプニングの連続/いざ、オープニング ほか)/4 廃墟にて(いま、私たちは廃墟の前に佇んでいる/もう一人の福島の詩人 ほか)/歩み続ける オックスフォード一年後の思いー吉永小百合さんに、一年後の感想を聞く(談)

著者情報(「BOOK」データベースより)

早川敦子(ハヤカワアツコ)
1960年生まれ。津田塾大学学芸学部英文学科教授。専門は二〇世紀から現代にいたる英語圏文学、翻訳論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 4.00

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      起死回生
      起死回生

      中溝 康隆

      968円(税込)

    2. 2
      【予約】職場を腐らせる人たち
      【予約】職場を腐らせる人たち

      片田 珠美

      990円(税込)

    3. 3
      世界は経営でできている
      世界は経営でできている

      岩尾 俊兵

      990円(税込)

    4. 4
      ONE PIECE novel HEROINES [ Colorful ]
      ONE PIECE novel HEROINES [ Colorful ]

      尾田 栄一郎

      858円(税込)

    5. 5
      小説 映画ドラえもん のび太の地球交響楽
      小説 映画ドラえもん のび太の地球交響楽

      藤子・ F・不二雄

      858円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ