川瀬敏郎一日一花[川瀬敏郎]
  • Googleプレビュー

川瀬敏郎一日一花
川瀬敏郎

3,780円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年12月
  • 著者/編集:   川瀬敏郎
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  397p
  • ISBNコード:  9784104528028

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
震災後、毎日花をいけつづけ、多くの人の感動を呼んだブログが待望の書籍化。当代随一の花人による1年366日分の花と言葉。山野草425種の索引・解説付。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川瀬敏郎(カワセトシロウ)
花人。1948年京都府生れ。幼少より池坊の花道を学ぶ。日本大学芸術学部卒業後、パリ大学へ留学。1974年に帰国後は流派に属さず、独自の創作活動を続ける。2009年、京都府文化賞功労賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(10件)

総合評価
 4.8

ブックスのレビュー

  • 一年中手の届く所に置いている一冊
    design_k
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年09月21日

    観葉植物が好きで、2015年6月号『Discover Japan』は
    『草花生活/日常を潤すボタニカルライフ』というもので、
    盆栽・生け花・一輪挿し・ブーケ・珍植物・ドライフラワー・
    鉢植え・フラワーアレンジ・花器といろんな角度から植物を取り上げた特集でした。
    そのなかの記事でこの本を知りました。
    365日、生けられた植物の写真集。
    華やかなアレンジではなく、ありきたりな表現ですが侘び寂びという言葉がぴったりで
    虫食いの葉もあれば枯れかけているものもあり、それは私にはたいへん新鮮で
    これまでと違った植物のつきあい方を教わった一冊になりました。
    同じ場所、アングル、光源なのですが、生けられた草花で季節の変化を感じます。
    1ページの約9割が写真で、残りの余白で『月日・コメント・植物&器の名前』が記載。
    巻末には『植物名索引』もあり、それぞれ70文字程度ですが解説があります。
    和室の空間を植物でそっと演出したい方にはぜひお勧めです。
    また、お菓子が好きな方でしたら『一日一菓/木村宗慎』も併せてお勧めします。

    1人が参考になったと回答

  • 侘び寂の世界
    mococo0518
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年04月05日

    卓越した審美眼によって活けられた一枝に、幽寂閑雅な気分になりました。

    0人が参考になったと回答

  • プレゼント
    ぴよ1231
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年06月27日

    一日一日花が違うのでおもしろいらしいです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

3,780円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ