エントリー&同じ本の紙版と電子版を購入で電子版購入分が全額ポイントバックキャンペーン開催中!
てぶくろ
てぶくろ てぶくろウクライナ民話(世界傑作絵本シリーズロシアの絵本)[エヴゲーニ・ミハイロヴィチ・ラチョフ]
  • Googleプレビュー

てぶくろ ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ)
エウゲーニー・M・ラチョフ

3位 絵本(外国)部門 楽天ブックス週間ランキング(2020年11月16日-2020年11月22日)ランキングを見る

1,100(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • てぶくろ
  • +
  • 三びきのやぎのがらがらどん
  • てぶくろ ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ)
  • エウゲーニー・M・ラチョフ

1,100円(税込)

在庫あり

合計 2,420円(税込)

閉じる

商品説明

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。そこへ、カエルやウサギやキツネが次々やってきて、とうとう手袋ははじけそう……。個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。


降りつづく雪の中、ぽつんと落ちていたのは片方だけの暖かそうな手袋。最初に見つけたのは小さなねずみ。彼女は中にもぐり込み、言うのです。「ここで くらすことに するわ」確かに、ねずみが暮らすのにはいい大きさ。居心地も良さそうです。そこへやって来たのは、かえるさん。中に入りたいと言います。手袋の中にはねずみとかえるの二ひき。確かにこれも悪くない。ところが今度はうさぎがやってきて、言うのです。「ぼくも いれてよ」あっという間に三びきです。大丈夫かしら…。これで終わることなく、さらにやってきたのはきつねです。さらにさらに、おおかみも、いのししも、しまいには驚くほど大きいあの動物まで! いったい、そんなことって可能なの!?ウクライナ民話から生まれた絵本『てぶくろ』は、日本でも1965年に内田莉莎子さんの翻訳で発売され、今でも変らず子どもたちに読み継がれている傑作です。その魅力はいくつもあります。まずはなんといっても、少し不思議な展開です。最初はただの手袋だったはずなのに、「いれて」「どうぞ」の繰り返しにより、子どもたちの心にはドキドキが生まれてくるのです。「ほんとに入るのかな?」「ちょっと怖そうなきつねがやってきたけど、大丈夫?」「この後どうなるんだろう…」。新しい動物が登場するたびに心配になり、ページをめくればその様子に驚き、絵本と一緒にハラハラするのです。だけど、それこそがこのお話の醍醐味ですよね。さらに、個性豊かな動物たちの表情も強く心に残ります。愛らしいだけでなく、それぞれの動物の持つユーモラスな部分や緊張感さえ漂う迫力の存在感までも描き出し、キャラクターを表わす印象的な衣装もお話の雰囲気を盛り立ててくれます。そんな演出もあって絵本の世界に夢中になっている頃……物語はパチンと音がするようにふと終わるのです。残された子どもたちは余韻にひたりながら、きっと思わずこう言ってしまうのでしょうね。「もう一回!」
(絵本ナビ編集長 磯崎園子)


おじいさんの落とした手袋に、森の動物たちがお家にして同居の居候を始める…。ただそれだけのお話なのに、なんと想像力が書きててられ、自分もその中にいるような気持ちになれる絵本なのでしょうか。

こっそり住み始めた動物たちが声を掛け合う繰り返しの会話も思わず覚えてしまう。
少しずつ大きくなっていく動物たちにハラハラしてしまう。
手袋に窓やハシゴが次々につけられていくので、前と違うところを探してみたり。
違うところから顔を出した動物さんがいたり。
どれだけ大きな手袋なんだろう!とともわずわらいたくなってしまったり。
最後に手袋から逃げた動物さんたちの行方を想像してみたり。

古くて堅い絵の絵本ですが、だからこそ現実と想像の世界の
狭間に自分もいるような気持ちになれます。
想像力が膨らむ絵本だと思います。(ゆりさくママさん 30代・神奈川県 女の子2歳、女の子0歳)

【情報提供・絵本ナビ】

商品レビュー(311件)

総合評価
 4.59

ブックスのレビュー

  • 購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年01月27日

    息子が、幼稚園で「てぶくろ」の劇をしたので、記念に残るように購入しました。「てぶくろ」の絵本はいろいろな出版社から出ているようですが、安いものですと、「くいしんぼうねずみ」を「ねずみ」と簡単に表記していたりするものもあるようです。こちらの絵本はきちんと「くいしんぼうねずみ」などと忠実に書いてあるのがいいです。絵もきれいで、いい絵本だと思います。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年11月28日

    私が子供のころに祖父母の家でずっと読んでいた本で、懐かしく思い、2歳の息子に購入しました。
    来月息子が1週間入院するため、そのときに読んであげようと思いまだ息子には見せていません。
    動物がたくさん出てくるし、手袋の中はどうなっているんだろうとか想像力が芽生えるかなと期待しています。

    1人が参考になったと回答

  • 内祝の品として
    秋月 恋
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年01月03日

    内祝いの品としてお送りしました おすすめの絵本なので喜んでいただけると思います

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      なぜ僕らは働くのか
      電子書籍なぜ僕らは働くのか

      池上彰

      1,650円(税込)

    2. 2
      学校では教えてくれない 稼ぐ力の身につけ方
      電子書籍学校では教えてくれない 稼ぐ力の身につ…

      小幡和輝

      1,287円(税込)

    3. 3
      ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部
      電子書籍ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第…

      Jack Thorne

      1,200円(税込)

    4. 4
      モモ
      電子書籍モモ

      ミヒャエル・エンデ

      880円(税込)

    5. 5
      ながぐつをはいたねこ 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜
      電子書籍ながぐつをはいたねこ 〜【デジタル復刻…

      立原えりか

      54円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ