本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他

ギュンター・グラス「渦中」の文学者 (集英社新書)
依岡隆児

814(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2013年01月
  • 著者/編集:   依岡隆児
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  216p
  • ISBN:  9784087206760

商品説明

内容紹介

世界を「翻弄」する文学者、日本初の評伝!

『ブリキの太鼓』で有名なノーベル賞作家、市民デモにも参加する「行動する作家」、元ナチス親衛隊員、イスラエル批判…我々に様々な顔を見せながら、常に「渦中にいる」大作家の真実に迫る!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

小説『ブリキの太鼓』で世界的に知られる、現代ドイツを代表するノーベル文学賞受賞作家ギュンター・グラス。社会民主主義者であり、政治活動も厭わない「行動する作家」でもあるが、自伝的小説『玉ねぎの皮をむきながら』において、かつてナチスの武装親衛隊員だったことを告白し、全世界に衝撃を与えた。近年もドイツ社会のタブーともいえるイスラエル批判を行い物議をかもすなど、八〇歳を越えてなお世界を「翻弄」し続けている。常に「渦中にいる」この大作家の実像を、気鋭のグラス研究者が明らかにする。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 ふるさとを離れることはない(一九二七年から五〇年)/第2章 灰色を愛す(一九五〇年代)/第3章 コラボレートする(一九六〇年代、七〇年代)/第4章 真実はそのつど、語り直される(一九八〇年代)/第5章 喪失は文学の前提である(一九九〇年代)/第6章 想起とは恩寵でもあれば、呪いでもある(二一世紀)

著者情報(「BOOK」データベースより)

依岡隆児(ヨリオカリュウジ)
1961年高知県生まれ。筑波大学第2学群比較文化学類卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。徳島大学総合科学部教授を経て、同大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部教授。専門はドイツ文学、比較文学・比較文化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.50

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ