本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
メルトダウン[田辺文也]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

メルトダウン 放射能放出はこうして起こった (叢書震災と社会)
田辺文也

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2012年12月
  • 著者/編集:   田辺文也
  • レーベル:   叢書震災と社会
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  156,
  • ISBNコード:  9784000285278

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
福島第一原発は、いまだに内部で何が起きたのか、また起きているのか全貌がつかめていない。本書は、公開情報の分析と簡単な手計算をもとに事故の真相に迫る異色の本である。完全な情報公開こそ先決としながらも、限られた情報からでも市民自らが科学的に分析・推論して、状況を把握し判断することの大切さを説く。国会や政府、そして東電の事故調査報告書から見えてこない真実が明らかになる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 総論ーメルトダウンはなぜ、どのように起きたか(福島第一原発と地震・津波の影響/炉心溶融事故の進展と放射能放出/東電の事故対応は適切だったのか/福島第一原発事故はなぜ起きたのか)/第2部 詳論ー放射能放出はどのように起きたか(2号機で何が起きていたのか/福島第一原発の放射能放出はどうなっていたか)/付録1 社会技術システムの安全管理/付録2 自力分析のすすめ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田辺文也(タナベフミヤ)
1945年北海道生まれ。京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士課程単位取得退学。工学博士。京都大学基礎物理学研究所非常勤講師を経て、1975年に日本原子力研究所入所。同研究所人的因子研究室長、研究主幹、日本原子力研究開発機構上級研究主席などを勤める。現在は退職して、株式会社社会技術システム安全研究所を主宰する。スリーマイル島事故の進展プロセス解析、JCO臨界事故の原因分析などに従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ