本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理

ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)
今柊二

902(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2013年01月
  • 著者/編集:   今柊二
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  278p
  • ISBN:  9784334037253

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

日本で、「家族」という単位での「外食」が本格的に開始されたのは、明治以降だった。鉄道や海上交通が発達するにつれ、駅弁や駅前食堂、大衆食堂、デパート食堂といったものもまた、発展していった。その後、戦時中の食糧難、戦後のアメリカ洋食の影響などを経て、ファミリーレストランの誕生へとつながっていく。その前史から、一九七〇年代に迎えた黄金期、「食べる場所」から「いる場所」へと変化した一九八〇年代、「ファミリー」の変化とともに変質する一九九〇年代、そして低価格化と専門料理化の流れのなかで進化する現代を、「日常食」研究の第一人者が俯瞰して綴る。楽しい食べ歩きコラム付き。

目次(「BOOK」データベースより)

ファミリーレストラン前史(外食の誕生/デパート食堂の隆盛/戦後の食の多様性)/外食文化の復興、高度経済成長、そしてファミリーレストランの誕生/ファミリーレストランの時代/番外編 ファミリーレストランで食べる/「食べる場所」から「いる場所」にー1980年代/大きく変化するファミリーレストラン、同時に変質する「ファミリー」の利用ー1990年代/専門料理に特化するファミリーレストラン、次の「ファミリー」レストラン

著者情報(「BOOK」データベースより)

今柊二(コントウジ)
1967年愛媛県生まれ。横浜国立大学卒業。定食評論家。畸人研究学会主幹。日本全国の定食屋と立ちそば屋を訪ね歩き、日夜、調査・研究を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(18件)

総合評価
 3.60

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      世界は経営でできている
      世界は経営でできている

      岩尾 俊兵

      990円(税込)

    2. 2
      首都防衛
      首都防衛

      宮地 美陽子

      1,012円(税込)

    3. 3
      開業医の正体
      開業医の正体

      松永正訓

      990円(税込)

    4. 4
      国民の違和感は9割正しい
      国民の違和感は9割正しい

      堤 未果

      990円(税込)

    5. 5
      俺は100歳まで生きると決めた
      俺は100歳まで生きると決めた

      加山 雄三

      836円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ