キュレーション知と感性を揺さぶる力[長谷川祐子]
  • Googleプレビュー

キュレーション 知と感性を揺さぶる力 (集英社新書)
長谷川祐子

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年02月
  • 著者/編集:   長谷川祐子
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  205p
  • ISBNコード:  9784087206807

商品説明

知性と感性を駆使する仕事術とは!?

数々の現代アートの展覧会を成功させてきた著者は、世界的に知られる存在だ。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演した人気キュレーターが、ついにその仕事の極意と方法論を明かす。
中身画像

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
鑑賞するという体験を通して、芸術作品はその都度立ち現れる。どのような空間、文脈、関係性で見せるのかというキュレーションのあり様により、その体験は異なってくる。その仕掛けを創造するのがキュレーターの役割である。キュレーターは、巧みなテーマ設定や作品の選択、ディスプレイなどによって鑑賞者を誘惑し、心を揺さぶる“忘れがたい体験”を演出するとともに、展覧会などの実践を通じ、社会に対して批評や思想の提案を行う。現代アートのキュレーターとして、海外のビエンナーレも含めて数多くの展覧会を成功させてきた著者が、豊富な経験を踏まえつつ、キュレーションの本質を論じる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
キュレーターとは何か/新たな感覚のめざめーアートを通した知覚の実験/アーティストとキュレーターー共犯者として、共同生産者として/異文化への介入/美術館建築とキュレーター/アートと社会をつなぐ/エロス、ジェンダー、セクシュアリティとキュレーション/物議をかもした展覧会/変容する観客/震える境界ーアウトサイダー・アートとキュレーション/グローバル時代のキュレーション/experience/experiment/expert/testimony

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
長谷川祐子(ハセガワユウコ)
キュレーター。京都大学法学部卒業。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督を経て、東京都現代美術館チーフキュレーター、多摩美術大学芸術学科教授。第七回イスタンブール・ビエンナーレ、第十一回シャルジャ・ビエンナーレなどを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(16件)

総合評価
 3.53

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

820円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    2. 2
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    3. 3
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴル…

      板橋 繁

      1,296円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ