楽天スーパーDEAL 対象のオススメ商品が15%ポイントバック
絵でみるシンボル辞典[水之江有一]
  • Googleプレビュー

絵でみるシンボル辞典
水之江有一

28,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年02月14日頃
  • 著者/編集:   水之江有一
  • 出版社:   日本図書センター
  • 発行形態:  事・辞典
  • ページ数:  384p
  • ISBNコード:  9784284402064

商品説明

底本:『絵でみるシンボル辞典』水之江有一編著、研究者出版、1986年



本書について

原著は、『アレゴリーとエンブレム(寓意と表象)』と題して、1882年にウィーンにて刊行された。編集はマーティン・ゲルラッハであり、序文は文化史家として、当時有名だったアルバート・イルクが記している。原著に収録された150葉に及ぶ絵画を、編者・水之江有一の手により、順番を並び替えて再編集、体系化し、1986年に研究社出版より刊行された本が、本復刻版の底本である。



本書の特色

1 西欧芸術のシンボルを読み解く必携辞典

西欧の文化、特に芸術や文学の中に、多種多様な形で表されているアレゴリ(寓意)やシンボル(表象)。その意味を理解することで、作品に込められたメッセージや当時の世相を知ることができる!

2 19世紀後半に描かれた約150点の原画を収録

「時間」「空間」「学芸」「人間の営み」等のカテゴリー別分類で、各項目は、左頁に原画、右頁にその説明を配したビジュアル構成!

3 デザインや美術に関心のある方にもおすすめ

西洋美術史、図像学、宗教学、神話学、文学などの研究者やデザインや美術に関心のある一般の読者にもおすすめの一冊!



本書の原画は19世紀後半のドイツとオーストラリアを中心に描かれたものであり、そのために20世紀の風物に親しんでいる読者にも、また中世やルネサンス期の寓意画に親しんでいる古典的な読者にも、新鮮な趣を与えるであろう。それは近代の産業革命と科学の発達が著しく、従来の観念論や形而上学に警鐘を鳴らし始めた時期の作品として、古典期の秩序体系と現代の渾沌とを?ぐものであるからかもしれない。過去への《鐘》であり、同時に未来を指し示す《ランプ》ともなろう。

ー本書「はしがき」より抜粋

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

28,080円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ