オバケたんてい[藤江じゅん]
  • Googleプレビュー

オバケたんてい
藤江じゅん

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明



表紙に描かれたユーモラスな表情をしたオバケ。オレンジ色の方が、図書館にすんでいるオバケ、ぱらぱら・ぽん、青い方が、時計塔に住んでいるオバケ、ぐるぐる・ぼんです。いたずらが大好きなふたりのオバケは、いたずらをしてはびっくりする人を見て大喜び。そんなふたりがある夏の夜にしのびこんだのは、真夜中なのに明かりがついたままの部屋。そこでは男の子がひとりため息をついています。どんなにいたずらをしても驚かない男の子、ダイに、何があったのか話を聞くと、ダイは、妹の大事なバースデーケーキのイチゴがひとつなくなってしまったことに悩んでいたのです。いったいイチゴはどこへいってしまったのでしょうか?ぱらぱら・ぽんとぐるぐる・ぼん、初めての人助け?!さあ、「オバケたんてい」のはじまりです。まずは現場検証…ということで、問題のケーキをじっくり観察したり、キッチンをくまなく調べたり。オバケとダイが一緒にひとつひとつナゾを解き明かしていくところにワクワクします。図書館のオバケだということと時計塔のオバケということもナゾ解きに大いに役立ったようですよ。お話を書いているのは、『冬の龍』という作品で児童文学ファンタジー大賞奨励賞と椋鳩十児童文学賞を受賞されている藤江じゅんさん。オバケとの交流をはじめ不思議な世界が顔を出す楽しさにあふれているこちらの『オバケたんてい』は、読み始めたら続きが気になってどんどん読めてしまうはず。幼年童話よりも文字が小さめで読みごたえも十分あるので、特に小学2年生の後半から3年生ぐらいの子どもたちにおすすめです。オバケに会ってみたい!という子はもちろん、オバケはこわいから苦手!という子も、本の中のゆかいなぱらぱら・ぽんとぐるぐる・ぼんに会いに行ってみませんか?
(絵本ナビ編集部 秋山朋恵)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
みんながぐっすりねむっているよる。男の子がへやで、ためいきをついています。そこへあらわれたのは、ふたりのオバケ。ところが男の子はちっともおどろきません。いったい、どうしたのでしょう?ふしぎにおもったオバケたちは、はなしをきくことにしました。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤江じゅん(フジエジュン)
1965年千葉県生まれ。出版社勤務のかたわら児童文学を書きはじめ、2002年「五本目のろうそく」で第2回グリム童話賞優秀賞を受賞。2004年『冬の龍』で第10回児童文学ファンタジー大賞奨励賞を受賞し、福音館書店より2006年に刊行。同作は第17回椋鳩十児童文学賞も受賞している

吉田尚令(ヨシダヒサノリ)
1971年大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装丁や挿絵を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • (無題)
    夢魔☆
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年08月05日

    一年生の読書感想文用に購入。
    あっという間に読んでしまいました。
    絵本と迷いましたが長文の方が感想文は書きやすいかな、と。
    内容もカワイイもので一年生にピッタリ!
    感想文が楽しみです(*^_^*)

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,080円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ