本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

戦争の条件 (集英社新書)
藤原 帰一

880(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2013年04月17日頃
  • 著者/編集:   藤原 帰一(著)
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784087206869

よく一緒に購入されている商品

  • 戦争の条件(集英社新書)[藤原帰一]
  • +
  • 地図で読む「国際関係」入門(ちくまプリマー新書)[眞淳平]
  • 戦争の条件 (集英社新書)
  • 藤原 帰一

880円(税込)

在庫あり

合計 1,870円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

尖閣諸島、竹島、北朝鮮の核開発等々、未曽有の軍事的緊張の中、私たちは今、真にリアルな思考法が試されている。戦争の条件を考え抜き、逆説的に平和の条件に至る道を模索した、国際政治学の入門書。

内容紹介(出版社より)

尖閣諸島、竹島、北朝鮮の核開発等々、未曽有の軍事的緊張の中、私たちは今、真にリアルな思考法が試されている。戦争の条件を考え抜き、逆説的に平和の条件に至る道を模索した、国際政治学の入門書。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

アラブの春を皮切りに、中東情勢の先行きがますます混迷の度合いを深める一方、尖閣諸島、竹島、北朝鮮の核開発をめぐって、東アジアでもかつてない軍事的緊張が高まっている。戦争はあってはならないという考えに反対する人は少ない。しかし、信頼できない外国政府の行動を押さえ込むために軍隊が必要だと考える人も多い。平和を壊すのも平和を保つのも軍隊であるという国際政治の逆説のなかで、私たちはいかにして判断し、行動すべきなのか?戦争の条件を考え抜くことで、逆説的に平和の条件に至る道を模索した、もっともリアルで読みやすい、国際政治学の入門書。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 戦争が必要なとき/第2章 覇権国と国際関係/第3章 デモクラシーの国際政治/第4章 大国の凋落・小国の台頭/第5章 領土と国際政治/第6章 過去が現在を拘束する/第7章 ナショナリズムは危険思想か/第8章 平和の条件

著者情報(「BOOK」データベースより)

藤原帰一(フジワラキイチ)
1956年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得中退。米国ウッドロー・ウィルソン・センター研究員、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際研究院客員教授などを歴任し、現在、東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は、国際政治・東南アジア政治。2005年『平和のリアリズム』で第二六回石橋湛山賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(21件)

総合評価
 3.77

ブックスのレビュー(1件)

  • 政治志向がちょっと
    購入者さん
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2014年10月04日

    南京事件や戦時慰安婦に関して、中国・韓国の主張が正しいという前提に立っている。見解が分かれている事案について、何の論証も行わずに一方的な主張が行われている。それも、ある事例としてさりげなく。さりげなく偏った主張を読者に植え付けようという意志を感じる。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ