龍馬史[磯田道史]
  • Googleプレビュー

龍馬史 (文春文庫)
磯田 道史

540円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 龍馬史 500円
紙書籍版 龍馬史 540円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年05月10日頃
  • 著者/編集:   磯田 道史
  • レーベル:   文春文庫
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  240p
  • ISBNコード:  9784167858018

よく一緒に購入されている商品

  • 龍馬史[磯田道史]
  • +
  • 江戸の備忘録[磯田道史]
  • 龍馬史 (文春文庫)
  • 磯田 道史

540円(税込)

在庫あり

604円(税込)

在庫あり

合計 1,144円(税込)

閉じる

商品説明

坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は誰か? 幕末最大のミステリーに気鋭の歴史家・磯田道史氏が挑みました。新撰組か紀州藩か、はたまた薩摩藩か? 様々な説が唱えられてきましたが、史料の丹念な読解と巧みな推理によって、ついに謎が解かれました。論争に終止符を打つ画期的論考です。

「龍馬は一日にしてならず」。合理的でカラっとした性格、そして既成の枠にとらわれない自由な発想。そんな龍馬を生み出したのは、お金で武士の身分を買った土佐の豪商の家でした。坂本龍馬という破格の人物が出現した背景にも迫ります。

【内容情報】(出版社より)
坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は誰か? 幕末最大のミステリーに気鋭の歴史家・磯田道史氏が挑みました。新撰組か紀州藩か、はたまた薩摩藩か? 様々な説が唱えられてきましたが、史料の丹念な読解と巧みな推理によって、ついに謎が解かれました。論争に終止符を打つ画期的論考です。
「龍馬は一日にしてならず」。合理的でカラっとした性格、そして既成の枠にとらわれない自由な発想。そんな龍馬を生み出したのは、お金で武士の身分を買った土佐の豪商の家でした。坂本龍馬という破格の人物が出現した背景にも迫ります。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
明るくて合理的、自由で行動的。貿易を行い、戦争もする「海軍」として、亀山社中を創設し、薩長同盟を実現させた坂本龍馬は土佐藩で、どのように育まれたのか?どんな世界を見ていたのか?誰に暗殺されたのか?龍馬をめぐる数々の謎に歴史家の磯田道史が挑んだ。龍馬を知れば、幕末が見えてくる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 自筆書状から龍馬を知る/第2章 龍馬、幕末を生きる(龍馬は一日にしてならず/龍馬はなぜ龍馬になっていったのか/脱藩への布石を追う/「龍馬の海軍」はいかに創設されたか/なぜ龍馬は「武士の壁」を越えられたのか ほか)/第3章 龍馬暗殺に謎なし(新撰組黒幕説ー事件直後に疑われた/紀州藩黒幕説ー動機がもっともあった/土佐藩黒幕説ー成り立たない犯行動機/薩摩藩黒幕説ー常に疑いの目でみられた集団/幕府内の立ち位置 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
磯田道史(イソダミチフミ)
1970年、岡山県生まれ。2002年、慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。博士(史学)。現在、静岡文化芸術大学准教授。史料を読みこみ、社会経済史的な知見を活かして、歴史上の人物の精神を再現する仕事をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(34件)

総合評価
 4.1

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年05月26日

    正しい歴史認識が、正確な資料や古文書で導かれており納得できます!

    0人が参考になったと回答

  • 龍馬を妙に美化していないのがいい。
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年03月06日

    TV番組などでの磯田氏のしゃべりに惹かれて購入。
    たぶん、この本も口述したものを文章に起こしたのだろうけど、…文才は無いみたいで実に読みにくい。
    内容は、しっかりしたものなので、もう少しきちんとした文章で残して貰いたかった。
    龍馬の生涯から当時の歴史を読み解く本なので、龍馬お人物像そのものに関して知りたい人にとっては、やや参考にした資料が少ない点が不満に思えるかも。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年04月29日

    最近、坂本龍馬に凝り様々な本を読み始めています。この龍馬史は大変読み易く一気に読んでしまいました。龍馬が何故、誰に殺されたのか?おそらく本当のことは永遠に解明されず、表に出てはこないのでしょうね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

540円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    2. 2
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    4. 4
      いまさら翼といわれても
      いまさら翼といわれても

      米澤 穂信

      734円(税込)

    5. 5
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ