銀河機攻隊マジェスティックプリンスVOL.1【Blu-ray】
ブルーレイ
現在地
トップ > DVD > ブルーレイ > アニメ

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス VOL.1【Blu-ray】
相葉裕樹

参考小売価格:7,344円 735円(10%)OFF!
6,609円(税込)送料無料

獲得ポイント:

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

商品基本情報

  • 発売日:  2013年06月21日
  • アーティスト:   相葉裕樹浅沼晋太郎日笠陽子
  • 監督:   元永慶太郎
  • 関連作品:   銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
  • 発売元:  東宝(株)
  • 販売元:  東宝(株)
  • ディスク枚数:  1枚(Blu-rayDisc Video1枚)
  • 収録時間:  
  • 映像特典内容:  【映像特典】
    メイキング(オペレーションMJP VOL.1)/プロモーションビデオ:OP「私は想像する」&ED「サヨナラっていう」/ノンクレジットOP&ED/ウルガル語字幕/予告編(第2話〜第4話)
  • メーカー品番:  TBR-23151D
  • JANコード:  4988104076519

商品説明

【シリーズストーリー】
-地球暦2110年。宇宙に進出を果たした人類は、数多の資源小惑星を手中に収め、その未来と繁栄は約束されたかに思えた。しかし、外宇宙への橋頭保たる木星圏に、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力・ウルガルが襲来。地球は存亡の危機に陥った。そんな中、遺伝子操作で宇宙に適応できる人類を生み出そうとするプロジェクトによって生まれた特務機関“MJP"に所属するイズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人“チームラビッツ"は、最新鋭の戦闘デバイス「アッシュ」と共に、あろうことか、全地球防衛軍・GDFの撤退の盾として前線に送り込まれてしまう。しかし、彼らは“ザンネン5<ファイブ>"と呼ばれるほどの落ちこぼれのチームだった。圧倒的な戦力を誇る敵軍に対し、果たして彼らは生き残ることができるのか…。
【シリーズ解説】
ザンネンだっていいじゃない。/全地球防衛軍・GDF vs 謎の勢力・ウルガル世紀の全面戦争の中、戦う為に創られた少年達は、今日も笑顔で銀河を駆ける!? /監督:元永慶太郎(「刀語」「ヨルムンガンド」)×キャラクターデザイン:平井久司(「機動戦士ガンダムSEED」シリーズ)×シリーズ構成・脚本:吉田玲子(「けいおん!」「ガールズ&パンツァー」) 異色かつ革新的なスタッフチームが贈る、新世代“ヒーロー"ロボアクション!

画面サイズ:16:9

色彩:カラー

言語: 日本語(オリジナル言語)

音声方式: リニアPCMステレオ(オリジナル音声方式)

制作国: 日本

タイトル:GINGA KIKOUTAI MAJESTIC PRINCE VOL.1

収録タイトル:

[Disc1]
『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス VOL.1』/Blu-rayDisc Video
アーティスト:相葉裕樹/浅沼晋太郎 ほか
声優:相葉裕樹/浅沼晋太郎/日笠陽子ほか
監督:元永慶太郎ほか
脚本:吉田玲子ほか
プロデュース:井野元英二
「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」

商品レビュー

  • 評判以上の面白さです。
    名無しさんの3倍
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年07月27日

    2013年春アニメでは、「3ロボ」と言われるオリジナルロボットアニメが3作品放送されました。
    放送前のマジェプリは3作品の中では3番目という評判だったように思います。
    それぞれの作品の目指す所が違うので単純比較は出来ませんが、実際の放送を観た上でのあくまで個人的な印象として、マジェプリは群を抜いて3DCGロボットアクションが凄かったなあと、ロボアニメとしてロボアニメしていてなんかこう…観ていて熱くなるという感じです。
    あとちゃんと軍隊の形態を維持しつつ全体のストーリーや計画に沿った形で作戦が遂行され謎の組織を戦いベールを暴いていくベタな展開のロボアニメっていう部分が気に入りました。真面目にロボットアクションするところ、ギャグを織り交ぜて楽しませるところ、メリハリが効いていますね。

    0人が参考になったと回答

  • ザンネンだっていいじゃない!
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年07月04日

    テレビ放映を見て、すごいアニメだ!
    そうそう、こういうのが見たかったんだよ〜!とすごく感動した作品です。
    正直、キャラクターデザインは好きではないのですが、
    (ほんとザンネン)
    それを上回るアッシュのデザイン、戦闘シーン、演出、個性的なキャラクター、
    映画のような壮大な音楽に感動しました。
    毎回、縦横無尽に飛び回るロボット。
    それを魅せるカメラワーク。
    アッシュや戦闘シーンはカッコ良すぎっ。
    テンポのよい5人のやり取りは、面白すぎっ。
    戦闘シーンをじっくり見たくて、購入しました。
    主人公のイズルは、ウジウジ系でもなく、熱血オレオレ系でもなく、
    こういう作品にしては珍しく、淡々とした?目立たない?イヤミのない天然系。
    いいキャラだと思います。見守りたくなります。
    (作中、主人公なのに、いつも5人の中で後ろのほうにいる・・。)
    アッシュでは、レッド5の王道のカラーリング&腰アーマーのひらひら?
    がカッコよく、一番好きです。
    一話、オープニングからエンディングまで、まるで映画のよう。
    ただ、キャラクターの顔を崩しすぎたのがザンネン。
    話が進んでから崩れる(表情豊か)のはいいけど、
    初回はカッコイよく描いて、ファンを掴んで欲しかったなと感じます。
    声優は、キャラにのイメージ通り、ビンゴ!って感じです。
    ザンネンだっていいじゃない、
    ロボットアニメ好きなら見て欲しい!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

参考小売価格: 7,344円 735円(10%)OFF!

6,609円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ブルーレイ

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ