本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
ガラパゴス[ジェイソン・チン]
  • Googleプレビュー

ガラパゴス (講談社の翻訳絵本)
ジェイソン・チン

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

ダーウィン「進化論」のふるさと・ガラパゴス諸島は、
どのようにして現在の姿になったのかーー。
 
チャールズ・ダーウィンが約200年前に上陸し、「進化論」誕生に大きな影響を与えた、ガラパゴス諸島。ここでは、地球上の他の場所では見ることのできない希少な生物や植物が数多く生存しています。生物たちは、なぜガラパゴスでのみ独自の進化を遂げたのでしょうかーー約600万年前にさかのぼり、ある一つの島が生まれ、変化を遂げ、再び海の底に沈みゆくまで。この絵本では、島の一生とともにその理由をといていきます。色彩豊かで、コマ割りを使ったわかりやすいイラスト、そして詩のような文で、ガラパゴス諸島の豊かな自然を感じることができるでしょう。

訳者/福岡伸一さんからのメッセージ
ガラパゴス諸島のほんとうの姿を見ないまま、安易に「ガラパゴス化」などといった言葉を使ってはいけません。ガラパゴスは袋小路ではなく、開かれた窓でした。チャールズ・ダーウィンは、ガラパゴス諸島を訪れ、その窓から世界を眺め、はじめて気づいたのです。生物の姿かたちは不変ではない、動的なものだと。そして、変化は今もなお続いています。
たえまなく流転しつづけるガラパゴス諸島。その光と波と風を、ここまで美しく描いた本を私は知りませんでした。


南米・エクアドルからおよそ900キロの西の海に浮かぶ、ガラパゴス諸島。今から200年ほど前、この島に上陸し植物や動物達を調査した自然科学者チャールズ・ダーウィンは、確信します。生物種は時とともに変化する。あるいは進化するものである、と。地球上の他のどの場所でも見ることのできない生き物や植物たちが存在するガラパゴス。今だかつて誰も見たことのない悠久の大自然の謎を、壮大に、美しくひも解いてくれる物語です。始まりは、600万年前。静けさに満ちたおだやかな海の下で起こる、ひとつの変化。成長した火山が大噴火を起こし、初めて水面からその姿を現します。新しい島の誕生です。やがて波間を漂いこの島に根をおろした種子たちがつくるマングローブの森。羽根を休めるために降り立った海鳥は、島に棲みつき始めます。周囲の古くからある島々から泳いでやってきたウミイグアナは、海と陸を自由に行き来しながら島でのくらしになじんでいきます。海から生まれたこの新しい島で、彼らは、一体どんな進化をたどっていくのでしょうか。その誕生に始まり幼年期(500万年前)、成年期(300万年前)、老年期(100万年前)、エピローグへと展開していく島の物語。目を見張るのは、こうしてやってきた生き物達が島の環境の変化を受け止めながら順応していく姿です。著者であるジェイソン・チンは「あとがき」でこう語ります。「この物語は科学に基づきながらも、私の想像を通じて作られました。それでも、この驚くべきガラパゴス諸島が私をワクワクさせ、刺激させてくれたように、読者にもそれを同じように感じてもらえることを願ってやみません。」その言葉通り著者はコマ割りをつかった繊細な描写と詩的で叙情的な語りで、600万年の時空を超えたガラパゴスへと私たちを連れ出してくれます。ダイナミックで美しい大自然のドラマに、まるで一本のドキュメンタリー映画を観ているような感覚に包まれるのです。まるで定めらた運命のように、やがて終焉を迎える島。生き物達は、どうなっていくのでしょう。彼らの行く末は・・・100種類以上の生物固有種が生息するガラパゴス諸島の今が伝えています。ダーウィン「進化論」誕生のヒントとなったガラパゴス。その未知なる大自然への扉を、ぜひこの一冊から開いてみてください。
(絵本ナビ編集部 竹原雅子)


10歳の息子と読みました。

ここだけ生物が独自の進化を遂げているガラパゴス諸島。
ずっと前から気になっていて、でも一体全体どうしてそうなったのかが
よく分からず、気になって仕方ない。
という頃にちょうどこの絵本に出会え、とてもよかったです。

時系列で、どのようにして島ができていったか、
そしてそこにどうやって生物が棲みついたか、
棲みついた生物がどのような理由で、どのような進化をとげたか、
とても分かりやすく説明されていて、
大人の私もなるほどがたくさんの一冊でした。

巻末のちょっと詳しい解説までしっかり読ませていただきました。
最後まで読み終えて、本当に勉強になった一冊。
生物好きには是非お勧めの一冊です!(ムスカンさん 30代・東京都 男の子10歳、女の子5歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(出版社より)
ダーウィン「進化論」のふるさと・ガラパゴス諸島は、
どのようにして現在の姿になったのかーー。
 
チャールズ・ダーウィンが約200年前に上陸し、「進化論」誕生に大きな影響を与えた、ガラパゴス諸島。ここでは、地球上の他の場所では見ることのできない希少な生物や植物が数多く生存しています。生物たちは、なぜガラパゴスでのみ独自の進化を遂げたのでしょうかーー約600万年前にさかのぼり、ある一つの島が生まれ、変化を遂げ、再び海の底に沈みゆくまで。この絵本では、島の一生とともにその理由をといていきます。色彩豊かで、コマ割りを使ったわかりやすいイラスト、そして詩のような文で、ガラパゴス諸島の豊かな自然を感じることができるでしょう。

訳者/福岡伸一さんからのメッセージ
ガラパゴス諸島のほんとうの姿を見ないまま、安易に「ガラパゴス化」などといった言葉を使ってはいけません。ガラパゴスは袋小路ではなく、開かれた窓でした。チャールズ・ダーウィンは、ガラパゴス諸島を訪れ、その窓から世界を眺め、はじめて気づいたのです。生物の姿かたちは不変ではない、動的なものだと。そして、変化は今もなお続いています。
たえまなく流転しつづけるガラパゴス諸島。その光と波と風を、ここまで美しく描いた本を私は知りませんでした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新しい島が、まさに誕生しようとしている。この島はやがて、生き物たちのすみかとなる。地球上でここにしか存在しない、生き物たちのー。それらは、どのようにして、この島にやってきたのだろうか。そしてどのくらいの時間、この島に棲みつづけるのだろうか。誕生から、600万年の時を経て成長し、ふたたび海の底へと消えゆくまで。かつて、ガラパゴス諸島に存在した、ある島の一生の物語。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
チン,ジェイソン(Chin,Jason)
作家・イラストレーター。アメリカ・ニューハンプシャー州出身。ニューヨーク州・シラキュース大学でイラストレーションを学び、2001年、マンハッタンの絵本専門店で見つけた仕事をきっかけに絵本作家となる。現在、アーティストの妻と息子と一緒にバーモント州で暮らしている

福岡伸一(フクオカシンイチ)
1959年東京生まれ。生物学者。京都大学卒。ハーバード大学医学部博士研究員などを経て青山学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ