島村抱月の文芸批評と美学理論(仮題)[岩佐壮四郎]
  • Googleプレビュー

島村抱月の文藝批評と美学理論 (早稲田大学学術叢書)
岩佐壮四郎

10,800円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年06月10日頃
  • 著者/編集:   岩佐壮四郎
  • 出版社:   早稲田大学出版部
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  529,
  • ISBNコード:  9784657137043

商品説明

序章
第一部 「審美的意識の性質を論ず」の論理構造
 第一章 基本的立場
 第二章 「審美的意識」の概念
 第三章 美的理想
 第四章 仮象理論の検討
 第五章 「写実」と「理想」
 第六章 「審美的意識の性質を論ず」から『新美辭學』へ
第二部 『新美辭學』の構想
 第一章 『新美辭學』の検討
 第二章 美辞学とはなにか
 第三章 科学的「美辞学」の系譜
 第四章 修辞論
 第五章 文体論
 第六章 美論
 第七章 美学理論の転回??美学から芸術学へ
第三部 美学的文芸批評の展開
 第一章 美学理論の変容??その一 生の哲学
 第二章 美学理論の変容??その二 感情移入理論
 第三章 美学的文芸批評の展開??その一 「囚はれたる文藝」
 第四章 美学的文芸批評の展開??その二 自然主義文学運動への加担
 第五章 美学的文芸批評の展開??その三 自然主義文学の理論化
 第六章 美学的文芸批評の展開??その四 芸術と実生活
 第七章 美学的文芸批評の展開??その五 人生観上の自然主義
 第八章 自然主義「観照」理論の成立
終章

 あとがき
 参考文献
 初出一覧
 索引
 英文要旨

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

通常3〜4日程度で発送

10,800円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング
      くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング

      村田友美子

      1,512円(税込)

    2. 2
      極上の孤独
      極上の孤独

      下重暁子

      842円(税込)

    3. 3
      幸福の花束(2)
      幸福の花束(2)

      創価学会婦人部

      699円(税込)

    4. 4
      友だち幻想
      友だち幻想

      菅野仁

      799円(税込)

    5. 5
      漫画 君たちはどう生きるか
      漫画 君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,404円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ