本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
私たちはなぜ税金を納めるのか[諸富徹]
  • Googleプレビュー

私たちはなぜ税金を納めるのか 租税の経済思想史 (新潮選書)
諸富徹

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 私たちはなぜ税金を納めるのかー租税の経済思想史ー(新潮選書) 1,210円
紙書籍版 私たちはなぜ税金を納めるのか 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年05月24日頃
  • 著者/編集:   諸富徹
  • レーベル:   新潮選書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  302p
  • ISBNコード:  9784106037276

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
私たち市民にとって、税金とはいったい何なのか?また、国家にとって租税は財源調達手段なのか、それとも政策遂行手段なのか?17世紀イギリスの市民革命から21世紀のEU金融取引税まで、ジョン・ロックからケインズそしてジェームズ・トービンまでー世界の税制とそれを支えた経済思想の流れを辿り、「税」の本質を多角的に描き出す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 近代は租税から始まったー市民革命期のイギリス/第2章 国家にとって租税とは何かー十九世紀ドイツの財政学/第3章 公平課税を求めてー十九・二十世紀アメリカの所得税/第4章 大恐慌の後でーニューディール税制の挑戦/第5章 世界税制史の一里塚ー二十一世紀のEU金融取引税/第6章 近未来の税制ーグローバルタックスの可能性/終章 国境を超えて

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
諸富徹(モロトミトオル)
1968年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、京都大学大学院経済学研究科教授(専攻は財政学、環境経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(17件)

総合評価
 3.85

ブックスのレビュー

  • (無題)
    2007ぽん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年08月14日

    新聞の書評で取り上げられており、興味を持ちました。
    歴史的背景から国家と税・税と市民の関係が説き起こされ、現代社会の国際的な税の問題にまで展開していく論旨は、分かりやすく、面白かったです。
    日本でも消費税や相続税の増税が確定的となった現在、良い本が出て、大変勉強になりました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ