ハプスブルグ家の連続悲劇最期の日のマリー・アントワネット[川島ルミ子]
  • Googleプレビュー

最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇 (講談社+α文庫)
川島 ルミ子

802円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇 648円
紙書籍版 最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇 802円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年05月21日頃
  • 著者/編集:   川島 ルミ子
  • レーベル:   講談社+α文庫
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  272p
  • ISBNコード:  9784062815178

商品説明

マリー・アントワネット、エリザベートなど、ハプスブルグ家5大スターの悲劇的な死! 最期さえ華麗な、王家の物語。文庫書き下ろし

【内容情報】(出版社より)
20世紀初頭まで、ヨーロッパ最大の王朝を誇っていたハプスブルク家。その終焉に輩出した華麗な5大スターを襲った悲劇を語る!マリー・アントワネット、マクシミリアンメキシコ皇帝、シシーと呼ばれたエリザベート王妃、ルドルフ皇太子、フランツ・フェルディナント大公夫妻の最期は、処刑、暗殺、心中と、あまりに悲劇的だった。時の皇帝、フランツ・ヨーゼフを悲しみの淵に沈めた彼らの物語とは。文庫書き下ろし。


王妃は最期の瞬間まで、今までに例をみないほど並外れて優雅な人だった……
栄華を極めた一族。それぞれの悲運の散り際を描く。

20世紀初頭まで、ヨーロッパ最大の王朝を誇っていたハプスブルク家。その終焉に輩出した華麗な5大スターの悲劇を語る!
マリー・アントワネット、マクシミリアン、シシーと呼ばれたエリザベート王妃、ルドルフ皇太子、フランツ・フェルディナント大公夫妻の人生は華麗であると同時に、その最期は処刑、暗殺、心中と、あまりに悲劇的だった。時の皇帝フランツ・ヨーゼフを悲しみの淵に沈めた彼らの物語とは?

文庫書き下ろし
 はじめに

第一章 最期の日のマリー・アントワネット
 喪服の王妃
 幻の脱出計画──カーネーション事件
 過酷な終のすみか
 屈辱の朝

第二章 メキシコに散った若きマクシミリアン
 謹厳実直な皇帝と朗らかな貴公子
 歓迎された結婚
 メキシコ皇帝誕生
 皇妃シャルロットの懇願
 若い皇帝を襲う危機

第三章 ルドルフ皇太子の悲惨な情死
 血まみれの死
 ひと目ぼれ
 宮廷を襲った衝撃

第四章 レマン湖のほとりで終焉を迎えたシシー
 皇妃の旅路
 美貌の皇妃

第五章 サラエヴォに轟いた銃声 フランツ・フェルディナント大公夫妻暗殺
 皇位継承者の歓迎されない結婚
 あまりに悲劇的な偶然

 主な参考資料

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
20世紀初頭まで、ヨーロッパ最大の王朝を誇っていたハプスブルク家。その終焉に輩出した華麗な5大スターの悲劇を語る!マリー・アントワネット、マクシミリアン、シシーと呼ばれたエリザベート王妃、ルドルフ皇太子、フランツ・フェルディナント大公夫妻の人生は華麗であると同時に、その最期は処刑、暗殺、心中と、あまりに悲劇的だった。時の皇帝フランツ・ヨーゼフを悲しみの淵に沈めた彼らの物語とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 最期の日のマリー・アントワネット(喪服の王妃/幻の脱出計画ーカーネーション事件 ほか)/第2章 メキシコに散った若きマクシミリアン(謹厳実直な皇帝と朗らかな貴公子/歓迎された結婚 ほか)/第3章 ルドルフ皇太子の悲惨な情死(血まみれの死/ひと目ぼれ ほか)/第4章 レマン湖のほとりで終焉を迎えたシシー(皇妃の旅路/美貌の皇妃)/第5章 サラエヴォに轟いた銃声 フランツ・フェルディナント大公夫妻暗殺(皇位継承者の歓迎されない結婚/あまりに悲劇的な偶然)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川島ルミ子(カワシマルミコ)
東京都に生まれる。ソルボンヌ大学、エコール・ド・ルーブルで学び、歴史、美術、文化を中心とした執筆のほか、講演、テレビ、雑誌などで活躍している。フランス・ナポレオン史学会会員、フランス芸術記者組合員、ファム・フォロム(フランスで活躍する女性の会)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • この方の本、好きで良く読みます。
    vivo8752
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年06月19日

    フランス革命関係の本を書かれていて、結構、愛読しています。分かりやすい文章で買うと直ぐに読んでしまいます。今回も楽しく読ませて頂きました。カメラ片手にヨーロッパに出かけますが、この本読んで、また出かけたくなりました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

802円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件
      慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグ…

      木村 盛武

      702円(税込)

    2. 2
      マチネの終わりに
      マチネの終わりに

      平野 啓一郎

      918円(税込)

    3. 3
      今昔百鬼拾遺 天狗
      今昔百鬼拾遺 天狗

      京極 夏彦

      766円(税込)

    4. 4
      絶唱
      絶唱

      湊 かなえ

      594円(税込)

    5. 5
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ