ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム[溝口敦]
  • Googleプレビュー

ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相 (宝島NF)
溝口敦

1,234円(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年05月
  • 著者/編集:   溝口敦荒井香織
  • レーベル:   宝島NF
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  239p
  • ISBNコード:  9784800207647

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
佐野眞一による『週刊朝日』連載記事「ハシシタ 奴の本性」が大きな社会問題になった2012年10月、ネットの世界では、もうひとつの大問題が「炎上」。『あんぽん』などのベストセラー作品を執筆しつづけてきた佐野眞一の盗用・剽窃問題だ。なぜ「パクリ」を繰り返すのか?なぜ版元は黙認しつづけるのか?誰も追及できなかった出版界のタブー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論 「巨人」から「虚人」へ(ノンフィクション界の「巨人」から「虚人」へ 盗用常習ライター「佐野眞一」の正体)/第1部 パクリの真相(ネットメディア『ガジェット通信』12回の連載が暴いた出版界の一大タブー! ノンフィクション界の「虚人」佐野眞一の“パクリ疑惑”全検証/宗教法人創価学会からの回答書を全文公開)/盗用対照表(佐野眞一の雑誌原稿「ドキュメント『欲望』という名の架橋」(『新潮45』)vs佐野良衛の雑誌原稿(『噂の真相』/『創』)/佐野眞一『日本のゴミ』(講談社/ちくま文庫)vs山根一眞『ドキュメント 東京のそうじ』(PHP研究所) ほか)/第2部 「シンイチ 奴の本性」(激論座談会「佐野眞一取材班×断筆派ジャーナリスト」 パクリ問題、エア取材疑惑…“ライター道”を踏み外した「佐野眞一」の進退を語る/佐野眞一の“師匠格”にして“最後のトップ屋戦士”小板橋二郎氏が喝! 「佐野ちゃん、風船おじさんになっちゃダメだよ!」 ほか)/終論 盗用・剽窃の罪と罰(「『無断引用』問題をめぐる最初で最後の私の『見解』」の矛盾 法律家がみた「佐野眞一盗用問題」の深刻さ/版元も「盗用」の代償が高くつくことを知るべきだ もしも私が佐野眞一氏を著作権侵害で訴えるなら)

商品レビュー(9件)

総合評価
 3.22

ブックスのレビュー

  • 安田浩一氏のセクハラ発言だけ、心に残った
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2013年12月02日

    わざわざ使う必要のない文脈で、「性感帯」などと、ジャーナリストの安田浩一氏が発言していました。(ツイッターでも同じようなことを何度か見かけました。)せっかく真剣に読んでいたのに、安っぽいハラスメント用語で思考を妨げられます。(風俗誌でもないのに。安田氏の癖なのでしょうか。)
    佐野眞一氏を糾弾する西岡研介氏も、ここまで他人のことを言える柄なのか?とすっきりしませんでした。盗用はいけませんが、この本に登場する誰一人として、佐野眞一氏ほど筆力のある書き手はいません。これも出版界の残念な現実でしょう。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,234円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ