本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
[図説]日本vs.ヨーロッパ「新幹線」戦争ーー日本の新幹線は世界で勝てるのか[川島令三]
  • Googleプレビュー

図説日本vs.ヨーロッパ「新幹線」戦争 日本の新幹線は世界で勝てるのか (〈図説〉日本の鉄道)
川島令三

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

「世界初の日本」VS「世界最速のヨーロッパ」。最高速度だけでなく輸出シェアも追い抜かれた日本のガラパゴス新幹線の生き残る道は
 世界初の高速鉄道の歴史は、1964年に開業した「東海道新幹線」に始まりました。その後、開業したヨーロッパ諸国の高速鉄道は日本の「新幹線」を徹底的に研究、常に日本を一歩リードする形で走り続けています。
 本企画では、開業からもうすぐ半世紀を迎える日本の新幹線の歴史を辿りながら、フランス・ドイツ・イタリア・スペインの”ヨーロッパ鉄道先進四ヵ国”との違いを徹底検証。携帯電話のように”ガラパゴス化”し、もはや海外への輸出は困難ともいわれる日本の新幹線が今後、何を目指し、何を改良していくべきかを探ります。
 著者の撮影による約250点の写真のほか、約60点の図版の中には、ほとんど資料がないと言われるヨーロッパ諸国の配線図も、著者独自取材により作成して掲載します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ガラパゴス化」した日本の新幹線の「本当の実力」は。フランス、ドイツ、イタリア、スペインほか、海外の高速鉄道を徹底乗車取材!「メイド・イン・ジャパン」を世界に売る、画期的な方法!!初公開写真、配線図、路線図満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本の新幹線はガラパゴス化している(50年前のスペックのまま走り続ける日本の新幹線/世界が350km/h走行にこだわるわけ/「曲線半径」を大きくとれない日本 ほか)/第2章 ヨーロッパの高速鉄道(フランスの高速鉄道/ドイツの高速鉄道/イタリアの高速鉄道 ほか)/第3章 日本の新幹線が歩むべき道(日本とフランスとの決定的な違い/TGVを導入した韓国と、日本の新幹線を導入した台湾/アメリカの受注をめぐる日本とフランスの闘い ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川島令三(カワシマリョウゾウ)
1950年、兵庫県に生まれる。鉄道アナリスト。芦屋高校鉄道研究会、東海大学鉄道研究会を経て鉄道図書刊行会に勤務、「鉄道ピクトリアル」「電気車の科学」を編集。現在は「鉄道アナリスト」として執筆を中心に活動中。鉄道友の会会員。全国鉄道利用者会議会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ