カマキリの生きかた さすらいのハンター (小学館の図鑑neoの科学絵本)
筒井学

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年07月10日頃
  • 著者/編集:   筒井学
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  絵本
  • ページ数:  39p
  • ISBNコード:  9784097265153

商品説明

カマキリにとって、生きるということは? 冬をのりこえ、春をむかえたスポンジのような、ふしぎなかたまり。前の年のカマキリが産み残した卵のうです。1つの卵のうからは、200ぴきものの幼虫が生まれます。生まれたばかりの幼虫は、すぐに独り立ちをします。カマキリにとって、「生きる」ということは、そなえたカマで、えものをとらえ、食べていくこと。しかし、カマキリもほかの生き物たちに、えものとして、ねらわれているのです。生き残れるのは、わずかな幼虫……。オオカマキリの一生を通して、きびしい自然界の「食物連鎖」のしくみを、とらえた写真絵本です。【写真と文】筒井学(つついまなぶ)1965年北海道生まれ。1990年より東京豊島園昆虫館に勤務。1995年から1997年まで昆虫館施設長を務める。その後、群馬県立ぐんま昆虫の森の建設に携わり、現在、同園に勤務している。昆虫の生態・飼育・展示に造詣が深く、昆虫写真家としても活躍している。 【編集担当からのおすすめ情報】 作者が5年間をかけて、草むらで、オオカマキリを追いかけ、撮影した力作です。ほかの虫を狩り、食べる。時に、ほかの生物におそわれ、食べられる。そして、オスは交尾の時には、メスに食べられてしまうこともあります。この写真絵本で、はかなくも悲しい、カマキリたちの懸命に生きる姿を感じていただけたら幸いです。


本を手に取って、ドキッとします。一瞬、こちらを見つめる表紙のカマキリと、目が合うのです。そしてその目は、確かに私たちに予感させます。この本を開いてみなくては知ることができなかった、カマキリたちのたくましくもはかない、美しい一生。5月、そよ風の心地よい草むら。朝日を浴びながら湧き出るように誕生する200匹の赤ちゃんの姿は、命の煌きにあふれています。葉の裏をずらりと並んで行進する幼虫たちの微笑ましいこと。でもこんなにたくさんいる兄弟たちが、ほかの生き物の餌食となっていく厳しい現実。生まれてから間もなくハンターとしての一歩を踏み出していくカマキリたちを待ち受けているものは・・・。花に止まったシジミチョウを狙いうち。やっぱり虫の世界でカマキリの右に出る者はいないのでしょうか?そんなことはありません。カマキリだってカナヘビに頭から襲われることがあるのです。自分が生きるために食べ、また相手が生きるために自分も食べられていく過酷な世界。生きるために食べる。そしてまた、生きるために子孫を残す。メスであろうとオスであろうと、種をつないでいく本能は同じはず。それなのに・・・思いがけない展開が待っていました。すさまじく壮絶な光景を目の当たりにし、身震いすら覚えます。でも、不思議です。残酷な運命の中でもひたむきに生を求め続けるカマキリの美しさに、しばらく身動きがとれなくなるのです。昆虫写真家として活躍する作者・筒井学さんは、5年もの歳月をかけて、じっくりとカマキリにレンズを向けてきました。一枚一枚に、筒井さんでなくては出会えなかったであろうカマキリの生命の一コマが切り取られています。生まれ、捕らえ、食べ、子孫をつくり、果て。そしてまた生まれてくるカマキリの輪廻。今日も広い草むらの中では、この小さくて大きなドラマが繰り返されているのでしょうか。
(絵本ナビ編集部 竹原雅子)


カマキリを飼っている息子とともに
この写真絵本を眺めては実際のカマキリを眺めて…
を繰り返しています
ギョッとするくらい鮮明にカマキリの写真が
のっています
その隣にはいたってシンプルなカマキリの生態を
現す文章が
息子はとくにカマのそうじをしているという描写が
気に入ったようで
カマキリを観察しては
食べ終わったからカマのそうじしてる!
と目を輝かせながら叫んでいます
交尾中におなかがすいたメスがオスを食べてしまうところ
冬になってカマキリの一生が終わるところ
少々衝撃的ではありますが
虫嫌いの大人と虫大好きな子供では
うけとり方が全く違うと思います
虫嫌いのママでもぜひ子供にはこういった
本物の虫の姿を見せてあげてほしいなと思える一冊です
最後のぺージの4種類のカマキリを
何度も絵で描いてくれと頼まれ
すごい集中力で緑色&黄土色をぬっています。。。(きみたまさん 30代・石川県 男の子4歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生きるということは、えものをとらえ、食べていくこと。オオカマキリの一生。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
筒井学(ツツイマナブ)
1965年北海道生まれ。1990年より東京豊島園昆虫館に勤務。1995年から1997年まで昆虫館施設長を務める。その後、群馬県立ぐんま昆虫の森の建設に携わり、現在、同園に勤務している。昆虫の生態・飼育・展示に造詣が深く、昆虫写真家としても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,404円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      せつない動物図鑑
      せつない動物図鑑

      ブルック・バーカー

      1,080円(税込)

    2. 2
      ざんねんないきもの事典
      ざんねんないきもの事典

      下間文恵

      972円(税込)

    3. 3
      続ざんねんないきもの事典
      続ざんねんないきもの事典

      今泉忠明

      972円(税込)

    4. 4
      じゃあじゃあびりびり 改訂
      じゃあじゃあびりびり 改訂

      松井紀子

      648円(税込)

    5. 5
      こねてのばして
      こねてのばして

      ヨシタケシンスケ

      1,058円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ