テスト駆動開発[設楽秀輔]
  • Googleプレビュー

テスト駆動開発 (シリーズアジャイルソフトウェア開発技術)
長瀬嘉秀

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

近年のソフトウェア開発には迅速・適応的・軽量が求められている。それに応えるべく登場したのがアジャイル手法である。すでに世界中で取り入れられ、数々の成果をあげている。本シリーズは、アジャイル開発技術を短時間で効率よく習得できるようにと考えられた実践的教科書で、基礎編と応用編から構成されている。あらゆるソフトウェア開発に必要な、プログラム言語、設計技術、開発プロセスを、全10巻の中で解説。基本的な解説、たくさんの応用例、ふんだんな演習問題と解答によって、理解が深まる。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
テスト駆動開発(TDD:Test Driven Development)は、アジャイル開発のプラクティス(実践手法)のひとつとして発展した。本書では、TDDをステップバイステップで進めていく。はじめにテーマについての基本的な説明があり、後半で応用例を示した。演習問題がふんだにあり、細かく学習できるようになっている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 テスト駆動開発概要(テスト駆動開発とは/TDDの本質)/第2章 基礎的なTDD(基本演習:宴会料金計算/応用演習:宴会料金計算/宴会料金計算:まとめ)/第3章 複数チームによるTDD(認証システム開発演習:イテレーション)/第4章 品質管理とのかかわり(TDDと品質/TDDの課題と限界)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
長瀬嘉秀(ナガセヨシヒデ)
1986年東京理科大学理学部応用数学科卒業。朝日新聞社を経て、1989年株式会社テクノロジックアートを設立。OSF日本ベンダ協議会DCE技術検討委員会主査。現在株式会社テクノロジックアート代表取締役。UML Profile for EDOCの共同提案者、ISO/IECJTCI SC32/WG2委員、UMLモデリング推進協議会(UMTP)監事、電子商取引推進協議会(ECOM)XML/EDI標準化調査委員。明星大学情報学部講師、中国浙江大学客員教授

設楽秀輔(シタラシュウスケ)
1994年、慶應義塾大学経済学部卒業。エンターテインメント系企業にて経営管理を経験後、システムインテグレータにて金融アプリケーション等のソフトウェア開発に従事。2007年、株式会社テクノロジックアートに入社し、現在に至る。テクノロジックアートアジャイル開発グループグループリーダー。認定スクラムマスター。会計士補(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

2,700円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ