ヒゲの日本近現代史(仮)[阿部恒久]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

ヒゲの日本近現代史 (講談社現代新書)
阿部恒久

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ヒゲの日本近現代史 702円
紙書籍版 ヒゲの日本近現代史 820円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年07月18日頃
  • 著者/編集:   阿部恒久
  • レーベル:   講談社現代新書
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  242p
  • ISBNコード:  9784062882170

商品説明

当たり前のことですが、ヒゲは基本的に男性にしか生えません。ここ10年ぐらいでこそ、ヒゲのある/なしは、ファッションのひとつとしてみなされるようになりましたが、それこそ第二次世界大戦後の現代にあっても、ヒゲありはビジネスマナーに反すると認識されていました。さらに時代を遡れば、江戸時代中期に「大ヒゲ禁令」が出され、ヒゲありは幕府によって禁止されました。しかし、明治時代になると、一転してヒゲありが大流行し、欧米のさまざまな型(スタイル)が取り入れられていきます。だが大正時代になると、今度はヒゲなしが増え、日中戦争が始まると、またヒゲありが増え……、と、ヒゲのある/なしだけでも時代性を窺い知ることができるのです。
すなわち、ヒゲを蓄えることは男らしさや権威の象徴と考えられるわけですが、ある時代には公権力によってヒゲが禁止・抑制されたこと、またある時代には公権力自らが権力性を誇示するために利用したことなどを知ることで、ヒゲが時代を映す鑑とも考えられるのです。
ヒゲに見える興味深い日本近代史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 前近代のヒゲ史概観/第1章 明治時代におけるヒゲ大流行と権力性/第2章 明治後期のヒゲ論ー寺田四郎『ひげ』を中心に/第3章 『太陽』掲載写真にみる明治後期〜大正初期のヒゲの様相/第4章 大正デモクラシーと流動化するヒゲ/第5章 軍国主義時代におけるヒゲの復活と実状/第6章 ヒゲの戦後史/第7章 ヒゲの現在

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿部恒久(アベツネヒサ)
1948年生まれ。新潟大学人文学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、共立女子大学国際学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.6

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

820円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    2. 2
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    3. 3
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    4. 4
      内閣情報調査室
      内閣情報調査室

      今井良

      907円(税込)

    5. 5
      平成経済 衰退の本質
      平成経済 衰退の本質

      金子 勝

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ