本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 経営 > 経営戦略・管理
ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門利益を最大化する意思決定のルール[藤田精一]
  • Googleプレビュー

ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門 利益を最大化する意思決定のルール
藤田精一

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介

ビジネスで成功するための「損得計算」に強くなる本。仕事の受注や値引きなどの判断を迫られたときに、有利な選択をするために役立つ計算のルールをやさしく解説しQ&Aで実力を養成していきます。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「正しい選択」の出発点は、数字に落とし込むこと。「損する人」と「得する人」の違いは、損得判断の基本原則と計算方法を知っているかどうか。それらについて解説し、実践的Q&Aで実力を養成。

目次(「BOOK」データベースより)

1 損得学の基本的な考え方(損か、得か、正しく判断する/会計思考との違い/原則を守らないと損しても気づかない/意思決定の4つのステップ)/2 「割勘思考」は忘れましょう(「公平な配分」はできるのか?/「ウィン・ウィンの関係」は成立する?)/3 損得計算の実践Q&A(どっちがどれだけ得なのか?/「忙しい時期」と「暇な時期」で正解は違う/需要と供給と損得の関係/受注の価格交渉/優劣分岐点分析)/4 埋没費用と機会費用(埋没費用/機会費用)/5 案の相互関係(排反案と独立案/「効率」という尺度)

著者情報(「BOOK」データベースより)

藤田精一(フジタセイイチ)
1945年東京生まれ。1967年慶應義塾大学管理工学科卒業。1969年同修士課程修了。1973年米国ジョージア州立ジョージア工科大学産業システム工学科博士課程修了(工学博士)。名古屋工業大学経営工学科講師。1979年米国テネシー州立テネシー工科大学IE学科Associate Professor。1986年同教授。1990年産能大学経営情報学部教授。2003年早稲田大学アジア太平洋研究科教授。その後、早稲田大学ビジネススクール教授となり現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.75

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ