秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会
がん生と死の謎に挑む(文春文庫)[立花隆]
  • Googleプレビュー

がん 生と死の謎に挑む (文春文庫)
立花 隆

616(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

われわれはまだがんという病の正体を知らない

がんとはそもそも何なのかーー。突然の宣告、そして手術。思いがけない経験ののち、「知の巨人」ががん研究の最先端に立ち向かう。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

取材を重ねれば重ねるほど、ふくらむ疑問。がんとはそもそも何なのかー。日本人の二人に一人が罹患し、三人に一人が死亡する「人類最大の敵」の本質に真正面から対峙し、圧倒的な情報量で大きな話題を呼んだ「NHKスペシャル」の精髄を収録。さらに自身の体験記「僕はがんを手術した」をおさめ、がん研究の最先端を鳥瞰する。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 がん 生と死の謎に挑む(「がんとどう向き合ったらよいのか」/従来のがん番組とは一線を画す/がんは遺伝子の病気/検出できない微小転移/「隠れ蓑獲得能力」 ほか)/第2章 「僕はがんを手術した」(宣告/主治医との対話/膀胱にメスが入ったとき/がんという敵の正体)

著者情報(「BOOK」データベースより)

立花隆(タチバナタカシ)
昭和15(1940)年長崎県生まれ。39年東京大学仏文科卒業。49年「田中角栄研究ーその金脈と人脈」(「文藝春秋」11月号)で金脈批判の先鞭をつけ、以後精力的に腐敗政治批判を続けている。知的関心は幅広く、その徹底した取材と卓抜な分析力による文筆活動で、58年菊池寛賞、平成10年司馬遼太郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(10件)

総合評価
 4.38

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      護られなかった者たちへ
      護られなかった者たちへ

      中山 七里

      858円(税込)

    2. 2
      沈黙のパレード
      沈黙のパレード

      東野 圭吾

      891円(税込)

    3. 3
      責任と判断
      責任と判断

      ハンナ・アレント

      1,760円(税込)

    4. 4
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      979円(税込)

    5. 5
      三千円の使いかた
      三千円の使いかた

      原田 ひ香

      770円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ