植民地としてのモンゴル[楊海英]
  • Googleプレビュー

植民地としてのモンゴル 中国の官制ナショナリズムと革命思想
楊海英

2,808円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年06月
  • 著者/編集:   楊海英
  • 出版社:   勉誠出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  237p
  • ISBNコード:  9784585220572

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
外敵を作り出し、庶民レベルで民族主義を発揚させること。それが政権維持のための中国型支配の本質である。周辺民族の目に、共産主義革命はどう映っていたのか。日本の知識人・研究者は近代以降の中国をどう捉えてきたか。日本在住のモンゴル人である著者が、中国独特のナショナリズムの構造を鋭く分析する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
悪魔としての「革命」が生んだ中国の官制ナショナリズム/第1部 モンゴルから見た中国(中国「革命」の本質は対モンゴル暴力ーモンゴル人の民族自決と中国人の「革命」のあいだ/「革命の継続」はモンゴル人・ジェノサイドーあるいは中国流植民地支配の実態)/第2部 近現代日本が捉えてきた中国(日本の進歩的知識人の中国観ーあるいは「糞の垂れた尻」と「お尻の割れた子供服」/「救々文化」から「破壊力」の究明へー国立研究機関における中国研究の変遷)/第3部 現代中国の性質(植民地支配と大量虐殺、そして文化的ジェノサイドー中国の民族問題研究への新視座)/中国の官制ナショナリズムを少数民族の視点からよむ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
楊海英(ヤンハイイン)
静岡大学人文学部教授。内モンゴル出身。日本名大野旭(おおの・あきら)。国立総合研究大学院大学博士課程修了。歴史人類学専攻。著書に『モンゴルとイスラーム的中国』(風響社)、『墓標なき草原ー内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』(岩波書店第十四回司馬遼太郎賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,808円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2019年 6月号
      電子書籍大白蓮華 2019年 6月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    2. 2
      妻のトリセツ
      電子書籍妻のトリセツ

      黒川伊保子

      810円(税込)

    3. 3
      僕が夫に出会うまで
      電子書籍僕が夫に出会うまで

      七崎良輔

      1,099円(税込)

    4. 4
      シンクロちゃん
      電子書籍シンクロちゃん

      佐藤由美子

      1,080円(税込)

    5. 5
      お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ武器にしろ。
      電子書籍お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ…

      堀江貴文

      929円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ