領土問題から「国境画定問題」へ[名嘉憲夫]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律

領土問題から「国境画定問題」へ 紛争解決論の視点から考える尖閣・竹島・北方四島 (明石選書)
名嘉憲夫

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年07月
  • 著者/編集:   名嘉憲夫
  • レーベル:   明石選書
  • 出版社:   明石書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784750338408

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
尖閣、竹島、北方四島の問題は、日本の近代史をどうみるか、戦後処理をどう理解するか、それらを受けて、ポスト近代の社会のあり方をどのように展望するかという問題にも関係する。こうした根本的な問題を検討することなしには、これらの問題は解決できないであろう。本書では、日本が抱える「国境画定問題」を、紛争解決論の理論的枠組みを用いて、従来とは異なった視点から検討してみたい。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 現在(国境画定問題の現状はどのようなものか?)/第2部 過去(国境線の伸張/イタリア、ドイツ、日本の国境画定過程の比較/“国民国家”の国境画定/帝国の膨張期における尖閣諸島、竹島、久米赤島、沖ノ鳥島、新南群島の編入過程)/第3部 未来(紛争解決論からのアプローチ/国境画定問題の解決とポスト近代の多層多元的統治システムを目指して)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
名嘉憲夫(ナカノリオ)
1956年生。専門:紛争解決論、政治社会学、国際関係論。千葉大学人文学科卒業(1982)、Fort Hays State University政治学修士(1988)、Purdue University政治学博士(1994)、UC,Berkeley,Institute of East Asian Studies:Visiting Research Fellow(1995〜1996)、国際基督教大学社会科学研究所:ResearchAssociate(1997)を経て、東洋英和女学院大学准教授。早稲田大学紛争交渉研究所・客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,944円(税込)

送料無料

個数 
この商品のバーゲン本
【バーゲン本】領土問題から国境画定問題へ 972円(税込)

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ