本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理

モバイルハウス三万円で家をつくる (集英社新書)
坂口恭平

770(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2013年08月21日頃
  • 著者/編集:   坂口恭平
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  190p
  • ISBN:  9784087207019

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

路上生活者の老人から啓示を受け、ノウハウを学んだ著者は、予算三万円足らずで「移動できる家=モバイルハウス」をつくりあげた。およそ二畳間大のモバイルハウスは、思いのほか、快適な空間だった。そして、土地とは何か、家とは何か、住むとはどういう営みなのか…等々、根源的な思考をうながしてきた。それは、小さいけれど壮大な、社会実験の装置だったのである。前著『独立国家のつくりかた』で提示された「一人で国をつくる」という思想は、「一人で家をつくる」という実践から生まれた。著者の原点を余すところなく開示する、痛快なドキュメント。

目次(「BOOK」データベースより)

実験の始まり/土地は一体誰のものか/モバイルハウスは家か、車か?/自力で家を建てるということ/多摩川文明を訪ねる/モバイルハウスをつくる/インフラを整える/駐車場を借りる/東日本大震災とモバイルハウス/モバイルハウスでの生活/一つ屋根の下の都市生活/モバイルハウスヴィレッジ計画/新しい土地の使い方を考える/家とは何か

著者情報(「BOOK」データベースより)

坂口恭平(サカグチキョウヘイ)
1978年熊本県生まれ。作家、建築家、絵描き、踊り手、歌い手。早稲田大学理工学部建築学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(22件)

総合評価
 3.66

ブックスのレビュー(1件)

  • 実践に基づく内容には説得力
    茶処一久
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2013年12月13日

    現在進行籍の実活動に基づく記録的な内容で説得力がある。自分が知人たちと行っている活動との共通点が多く、行動に移している点が素晴らしい。文章も読みやすいのですぐに読める。記録を書いていったという感じで、書籍にするにあたり、再度内容、表現の吟味をしてもらえとよかった。重複箇所が多いことが意図的なのか単にページ増やしなのか意図がつかめないので結果的に、例えるなら700円の書籍代に対し、内容は500円分しかないように感じた。もう少し内容を濃く(深くもしくは情報量を増やす)してほしい。次作も期待している

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ