本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理

東海村・村長の「脱原発」論 (集英社新書)
村上達也

814(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

あの三月一一日、茨城県東海村にも津波は押し寄せ、東海第二の原発も大半の電源を喪失。フクシマ寸前の危機を迎えていた!村長が事故の全容を知らされたのは半年後。危機は隠蔽されていたのだ。原発容認派だった村長は積極的な反対派に転じ、政府に対して東海第二原発の廃炉を要求し始めた。しかし、日本で最も古くから原子力産業の恩恵を受けている東海村は、村の予算そして雇用の三分の一を原子力産業から得ている…。原発立地自治体の首長の苦悩を気鋭のジャーナリストが聞き出し、地方VS中央のあり方について考えた。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 「フクシマ」寸前だった東海村の三・一一(原発立地自治体初の「脱原発派」首長/危機的状況だった東海第二 ほか)/第2章 活かされなかったJCO事故の教訓(死者の出たJCO臨界事故/村役場の初動と国の鈍感さ ほか)/第3章 日本の原発発祥の地として、すべきこと(村民は原発ができるとは知らなかった/イギリス人技術者たちに憧れて ほか)/第4章 原発再稼働に向かう荒波の中で(避難計画すら立てられない中での原発再稼働/原電をどうするか ほか)/第5章 脱成長の社会に向けて(脱原発後の東海村の未来/縮小社会と脱原発 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

村上達也(ムラカミタツヤ)
東海村村長。「脱原発をめざす首長会議」世話人。1943年、東海村生まれ。一橋大学社会学部卒業。常陽銀行ひたちなか支店長を経て、1997年に東海村・村長に就任

神保哲生(ジンボウテツオ)
ジャーナリスト。1961年、東京都生まれ。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。AP通信記者などを経て、1999年よりニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 5.00

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      国民は知らない「食料危機」と「財務省」の不適切な関係
      国民は知らない「食料危機」と「財務省」…

      鈴木 宣弘

      990円(税込)

    2. 2
      開業医の正体
      開業医の正体

      松永正訓

      990円(税込)

    3. 3
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術

      山崎元

      869円(税込)

    4. 4
      【予約】ONE PIECE novel HEROINES [ Colorful ]
      【予約】ONE PIECE novel HEROINES [ Co…

      尾田 栄一郎

      858円(税込)

    5. 5
      メンタル脳
      メンタル脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ