本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
お笑いくだされ[沖田正午]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

お笑いくだされ 御家人やくざと無頼犬 (徳間文庫)
沖田正午

680円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 御家人やくざと無頼犬 お笑いくだされ 550円
紙書籍版 お笑いくだされ 680円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年09月06日頃
  • 著者/編集:   沖田正午
  • レーベル:   徳間文庫
  • 出版社:   徳間書店
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  285p
  • ISBNコード:  9784198937386

商品説明

人間の言葉を解する犬と、旗本家を勘当された若侍が二人三脚ならぬ、一人一犬五脚で、お江戸の騒動をおさめるユーモア時代小説。川に落ちるところを犬に助けられた若侍は、その犬が語りかけてきて仰天。しかも、公家のように鉄漿(おはぐろ)をしている。とりあえず牙黒と命名。見たところ、どこにでもいる雄の雑種で、その言葉も若侍にしか通じない。剣に覚えのある若侍と「一介の犬」が繰り広げるユーモア時代小説の第1弾。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「そうだよ、あっしが喋ってるんですぜ」。目の前の犬に言われて白九郎は驚いた。傍目にはどこにでもいる雑種なのに、白九郎にだけは鳴き声が言葉となって伝わってくる!しかも、自分の名前まで知っていた。仔細を聞くうちに、牙黒と名付けた黒い歯の犬こそ天の賜物と思った白九郎は、賭場荒らしで食いつなぐ日々から一念発起。牙黒のため、体を張って非道の旗本をとっちめることに!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
沖田正午(オキタショウゴ)
1949年、現さいたま市生まれ。埼玉県立与野高校卒業。軽妙かつ諧謔ある筆致が高く評価されている気鋭の時代作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

  • 犬がしゃべるんです!
    秋鮭0569
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年12月27日

    続きものです、面白いですよ。
    一気に読んでしまいました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ホワイトラビット
      ホワイトラビット

      伊坂 幸太郎

      737円(税込)

    2. 2
      M 愛すべき人がいて
      M 愛すべき人がいて

      小松 成美

      550円(税込)

    3. 3
      カエルの楽園2020
      カエルの楽園2020

      百田 尚樹

      572円(税込)

    4. 4
      他人事
      他人事

      平山夢明

      726円(税込)

    5. 5
      あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続(5)
      あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続(…

      宮部 みゆき

      1,056円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ