バカだけど社会のことを考えてみた[雨宮処凛]
  • Googleプレビュー

バカだけど社会のことを考えてみた
雨宮処凛

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年09月24日頃
  • 著者/編集:   雨宮処凛
  • 出版社:   青土社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  182p
  • ISBNコード:  9784791767243

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
震災・原発事故、その後の脱原発デモの盛り上がり、そして2012年の政権交代、2013年の参議院選挙によって私たちが突きつけられた様々な課題。これまで「生きづらさ」や格差・貧困問題などを取材し、自らも活動してきた著者による、3・11以降の「民主主義の地殻変動」の記録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 生活保護について考えてみた(漠然とした負のイメージ/まずは基礎データ ほか)/2 生きづらさと自殺について考えてみた(私がもっとも生きづらかった頃/ネット心中、自傷系サイト、ひきこもり ほか)/3 女性が生きる難しさを考えてみた(大阪母子餓死事件/大阪二児餓死事件が残した課題 ほか)/4 3・11とその後の脱原発デモを考えてみた(二〇一一年三月一一日。あの日、何をしていたか?/「脱原発」の声を上げるまで ほか)/5 衆院選・参院選を考えてみた(二〇一二年一二月、衆議院選挙/実態のない「アベノミクス」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
雨宮処凛(アマミヤカリン)
1975年生まれ。作家・活動家。「反貧困ネットワーク」副代表。2000年に自伝的エッセイ『生き地獄天国』(ちくま文庫)でデビュー。以来、著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。2006年からは、「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。メディアなどでも積極的に発言。「週刊金曜日」編集委員、フリーター全般労働組合組合員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】あなたにいま必要な神様が見つかる本 「ごりやく別」神社仏閣めぐり
      【予約】あなたにいま必要な神様が見つか…

      桜井 識子

      1,512円(税込)

    2. 2
      70歳のたしなみ
      70歳のたしなみ

      坂東 眞理子

      1,188円(税込)

    3. 3
      道あけてもらっていーすか?
      道あけてもらっていーすか?

      高木琢也

      1,695円(税込)

    4. 4
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    5. 5
      俺か、俺以外か。 ローランドという生き方
      俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

      ROLAND

      1,512円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ