ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 語学・学習参考書 > 語学学習 > 日本語

翻訳がつくる日本語 ヒロインは「女ことば」を話し続ける
中村 桃子

2,200(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2013年08月
  • 著者/編集:   中村 桃子
  • 出版社:   白澤社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784768479513

商品説明

内容紹介(出版社より)

女らしい「女ことば」を話し続けているのは、日本人女性ではなく洋画のヒロインたちだった!? ハーマイオニーも、スカーレット・オハラも、戦う女リプリーも、「〜わ、〜だわ、〜のよ」と、コテコテの「女ことば」で話す。洋画のヒーローたちは、日本人男性が使わない「男ことば」をキザに、気さくに話し、名作の黒人たちは「方言」で話している。翻訳ことばが気になってしかたがなくなる、新しい視点の日本語論。
第1部 翻訳の不思議 1 西洋ヒロインは「女ことば」を話し続ける 2 西洋の若者は「気さくな男ことば」で語る 3 黒人が話す「方言」
第2部 翻訳を考える 4 言葉づかいとアイデンティティ 5 翻訳が支える日本語らしさ──「女ことば」 6 翻訳がつくりだす他者のことば──「男ことば」 7 翻訳が再生産する差別──「方言」の場合
第3部 翻訳から変わる日本語 8 親疎で使い分ける「女ことば」と「標準語」 9 女性らしさだけじゃない「女ことば」 10 一九七〇年代洋画字幕に見る強い女の「女ことば」 11 翻訳を楽しむ

内容紹介(「BOOK」データベースより)

洋画のヒーローたちは、日本人男性が話さない「男ことば」を、キザに、気さくに話し、名作の黒人たちは「方言」で話している。翻訳ことばが気になってしかたがなくなる、新しい視点の日本語論。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 翻訳の不思議(西洋ヒロインは「女ことば」を話し続ける/西洋の若者は「気さくな男ことば」で語る/黒人が話す「方言」)/第2部 翻訳を考える(言葉づかいとアイデンティティ/翻訳が支える日本語らしさー「女ことば」の場合/翻訳がつくりだす他者のことばー「男ことば」の場合/翻訳が再生産する差別ー「方言」の場合)/第3部 翻訳から変わる日本語(親疎で使い分ける「女ことば」と「標準語」/女らしさだけじゃない「女ことば」/一九七〇年代洋画字幕に見る強い女の「女ことば」/翻訳を楽しむ)

著者情報(「BOOK」データベースより)

中村桃子(ナカムラモモコ)
関東学院大学教授。博士。専攻は言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(8件)

総合評価
 2.5

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ