常識では読めない漢字[今野真二]
  • Googleプレビュー

常識では読めない漢字
今野 真二

1,650円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 常識では読めない漢字 1,122円
紙書籍版 常識では読めない漢字 1,650円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年08月
  • 著者/編集:   今野 真二
  • 出版社:   すばる舎
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784799102770

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
漢字のつかい方が今よりはるかに自由だった時代の名作に登場する漢字は現代人が読めないものばかり。明治の文豪たちが奔放につづった、ユニークすぎる漢字表記に“たっぷり、どっぷり”つかる全二百問。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 漱石作品の漢字表記を味わうー漱石先生、その漢字の読み、頓と見当がつかんぞなもし。/第2部 鴎外作品の漢字表記を味わうー森軍医殿、その漢字の読み、味わい深くて眩暈がします。/第3部 近代黎明期の漢字表記を味わうー諭吉、逍遙、そして新聞など、漢字が「自由」だった時代。/第4部 明治中期の漢字表記を味わうー一葉、紅葉、藤村、蘆花、涙香らの名文・名調子を支えた難読漢字たち。/第5部 明治後期の漢字表記を味わうー上田敏、二葉亭四迷、花袋、荷風など、時代と共に収斂していく難読漢字たち。/第6部 白秋作品の漢字表記を味わうー近代詩に新風を送り込んだ巨匠の、異国情緒あふれる難読漢字の数々。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
今野真二(コンノシンジ)
昭和33(1958)年、神奈川県鎌倉市生まれ。昭和57(1982)年、早稲田大学第一文学部日本語日本文学科卒。昭和61(1986)年、同大学院博士課程後期退学。松蔭女子短期大学講師、助教授、高知大学助教授を経て、平成11(1999)年、清泉女子大学文学部助教授。現在、同大教授。日本語学専攻。平成14(2002)年、『仮名表記論攷』(清文堂出版刊)で第三十回「金田一京助博士記念賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年06月22日 - 2020年06月28日)

     :第-位( - ) > 語学・学習参考書:第6490位(↑) > 語学学習:第3748位(↑) > 日本語:第1702位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ